このエントリーをはてなブックマークに追加    Yahoo!ブックマークに登録

ファイルサイズ0の空ファイルの作成方法

copy, typeコマンドを利用してファイルサイズ0の空ファイルを作成する方法を以下にしるします。
Windows 7のコマンドプロンプトを利用して動作確認を行いました。


スポンサーリンク

typeコマンドを利用して空ファイルを作成する

typeコマンドを利用する場合は、以下のように記述します。

type nul > 出力ファイル名

以下、実行結果です。

C:\Users\sakura\Desktop\work>type nul > type.out

C:\Users\sakura\Desktop\work>dir type.out
 ドライブ C のボリューム ラベルがありません。
 ボリューム シリアル番号は 981D-1023 です

 C:\Users\sakura\Desktop\work のディレクトリ

2012/06/17  01:34                 0 type.out
               1 個のファイル                   0 バイト
               0 個のディレクトリ  72,030,318,592 バイトの空き領域

copyコマンドを利用して空ファイルを作成する

copyコマンドを利用する場合は、以下のように記述します。

copy nul 出力ファイル名

以下、実行結果です。

C:\Users\sakura\Desktop\work>copy nul copy.out
        1 個のファイルをコピーしました。

C:\Users\sakura\Desktop\work>dir copy.out
 ドライブ C のボリューム ラベルがありません。
 ボリューム シリアル番号は 981D-1023 です

 C:\Users\sakura\Desktop\work のディレクトリ

2012/06/17  01:35                 0 copy.out
               1 個のファイル                   0 バイト
               0 個のディレクトリ  72,030,318,592 バイトの空き領域

関連資料

NULとは何?

NULとはヌルデバイスと言います。
出力先に指定するとすべて捨てられてしまいます。
今回のように入力先として使用した場合は、空を渡す事になりファイルサイズが0になります。

 

スポンサーリンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:49:28 (672d)