このエントリーをはてなブックマークに追加    Yahoo!ブックマークに登録

隠しファイルを削除する方法・DEL・ERASE

コマンドプロンプトで隠しファイルの作成、確認、削除方法を以下に記します。


スポンサーリンク

関連記事

隠しファイルを作ってみる

以下の手順で隠しファイルを作成することができます。

E:\>echo hide > hide.txt

E:\>dir hide.txt
 ドライブ E のボリューム ラベルは microsd32G です
 ボリューム シリアル番号は 1205-EFBF です

 E:\ のディレクトリ

2016/12/18  17:23                 7 hide.txt
               1 個のファイル                   7 バイト
               0 個のディレクトリ  19,035,713,536 バイトの空き領域

E:\>attrib +H hide.txt

E:\>dir hide.txt
 ドライブ E のボリューム ラベルは microsd32G です
 ボリューム シリアル番号は 1205-EFBF です

 E:\ のディレクトリ

ファイルが見つかりません

上記の通り、attribコマンドを使ってH属性をつけることにより隠しファイルになります。
隠しファイル属性を付けた後、dirコマンドを実行すると、ファイルが見つかりません。と表示されます。

隠しファイルをdirで表示する

上記で作成した隠しファイルを表示するには、dirコマンドに/AHオプションを付け実行します。

E:\>dir /ah
 ドライブ E のボリューム ラベルは microsd32G です
 ボリューム シリアル番号は 1205-EFBF です

 E:\ のディレクトリ

2016/12/18  17:23                 7 hide.txt
2016/05/11  19:26    <DIR>          System Volume Information
               1 個のファイル                   7 バイト
               1 個のディレクトリ  19,035,713,536 バイトの空き領域

隠しファイルが表示されます。
尚、/Aオプションは以下の通りです。

E:\>dir /?
ディレクトリ中のファイルとサブディレクトリを一覧表示します。

DIR [ドライブ:][パス][ファイル名] [/A[[:]属性]] [/B] [/C] [/D] [/L] [/N]
  [/O[[:]ソート順]] [/P] [/Q] [/R] [/S] [/T[[:]タイムフィールド]] [/W] [/X] [/4]

<省略>

  /A          指定された属性のファイルを表示します。
  属性        D  ディレクトリ                R  読み取り専用
              H  隠しファイル                A  アーカイブ
              S  システム ファイル           I  非インデックス対象ファイル
               L  再解析ポイント             -  その属性以外
<省略>

隠しファイルを削除する

上記で作成した隠しファイルを削除してみます。
DEL(ERASE)コマンドに/AHオプションを付けることにより、隠しファイルを削除することができます。
以下、DEL(ERASE)コマンドの/Aオプションに関するヘルプです。

E:\>del /?
ファイル (複数可) を削除します。

DEL [/P] [/F] [/S] [/Q] [/A[[:]属性]] 名前
ERASE [/P] [/F] [/S] [/Q] [/A[[:]属性]] 名前
<省略>
 /A            属性により削除するファイルを選択します。
 属性          R  読み取り専用            S  システム ファイル
               H  隠しファイル            A  アーカイブ
               I  非インデックス対象ファイル  L  再解析ポイント
               -  その属性以外
<省略>

隠しファイルを削除してみた時の操作例です。

E:\>dir /ah
 ドライブ E のボリューム ラベルは microsd32G です
 ボリューム シリアル番号は 1205-EFBF です

 E:\ のディレクトリ

2016/12/18  17:31                 7 hide.txt
2016/05/11  19:26    <DIR>          System Volume Information
               1 個のファイル                   7 バイト
               1 個のディレクトリ  19,035,713,536 バイトの空き領域

E:\>del /ah hide.txt

E:\>dir /ah
 ドライブ E のボリューム ラベルは microsd32G です
 ボリューム シリアル番号は 1205-EFBF です

 E:\ のディレクトリ

2016/05/11  19:26    <DIR>          System Volume Information
               0 個のファイル                   0 バイト
               1 個のディレクトリ  19,035,713,536 バイトの空き領域

削除されたのが確認できます。

追記

DIRコマンドおよびDEL(ERASE)コマンドで/Aオプションについて以下のように記述されています。

[/A[[:]属性]]

説明すると[]は省略可能を意味します。
したがって、[:]も省略可能となります。
上記例では、/AHとオプションを指定し実行していますが、/A:Hでも同様の結果となります。

以上、コマンドプロンプトで隠しファイルを削除する方法でした。


スポンサーリンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-12-18 (日) 17:47:28 (33d)