このエントリーをはてなブックマークに追加    Yahoo!ブックマークに登録

ISOイメージをUSBメモリに書き込むツール・Image Writer for Microsoft Windows

Image Writer for Microsoft Windowsを利用するとISOイメージをUSBメモリに書き込むことができます。
Linuxなどをインストールしたい場合など、ISOイメージをUSBメモリに書き出しブートすることができます。

同様のツールでUSBWriterがあります。


スポンサーリンク

関連資料

Disk Imager for Windowsの入手

以下のURLよりImage Writer for Microsoft Windowsをダウンロードすることができます。
https://launchpad.net/win32-image-writer/

追記
上記URLよりダウンロードできなくなっていたので以下のURLからダウンロードしてみてください。
http://sourceforge.net/projects/win32diskimager/

本記事作成時点の最新バージョンは0.6でした。
win32diskimager-binary.zipをダウンロードします。

01.gif
 

ダウロードしたwin32diskimager-binary.zipを特定のフォルダに解凍します。
下図は解凍後のスクリーンショットです。

02.gif
 

Win32DiskImager.exeをダブルクリックするとDisk Imager for Windowsが起動します。
Disk Imager for Windowsでは、イメージファイルの拡張子が.img, .IMGのみ有効になります。
したがって、拡張子が.iso, .ISOの場合は、.imgに変更する必要があります。

 

以下のスクリーンショットは、UbuntuインストールイメージISOを使用しています。
イメージファイルを選択し、Deviceに書き込むUSBメモリのドライブを選択します。
WriteボタンでディスクイメージファイルがUSBメモリ(指定したドライブ)に書き込まれます。
USBメモリのデータはすべて消去されます。

03.gif
 

Writeボタンを押すと確認画面が表示されます。
Yesボタンを押すとUSBメモリにディスクイメージが書き込みされます。

04.gif
 

ERROR 5などのエラーメッセージが表示され終了してしまう場合は、USBメモリをフォーマットしてみてください。

 

下図のスクリーンショットはISOイメージをUSBメモリに書き込んでいるスクリーンショットです。

05.gif
 

下図のスクリーンショットは正常終了したときのメッセージです。

06.gif
 

上記のメッセージウインドウを閉じ、Exitボタンを押せば完了です。

PCに作成したUSBメモリーを挿し、BIOSでUSBメモリからブートするようにすれば起動できます。


スポンサーリンク


添付ファイル: file06.gif 224件 [詳細] file05.gif 323件 [詳細] file04.gif 260件 [詳細] file03.gif 511件 [詳細] file02.gif 545件 [詳細] file01.gif 1299件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-01-10 (火) 20:44:14 (10d)