このエントリーをはてなブックマークに追加


コマンドプロンプト上で出力される内容をクリップボードに出力する・clipコマンド

コマンドプロンプトを起動し、各種コマンドを実行したときの出力をマウスで範囲選択してコピーしたり、
ファイルにファイルにリダイレクトする方法以外にclipコマンドで、クリップボードに出力する方法があります。
本資料では、clipコマンドの使用例を記します。


スポンサーリンク

パイプ(|)を使ってクリップボードにリダイレクト

dirコマンドの出力をパイプ(|)を使ってclipコマンドに渡しています。

dir | clip

以下に実行例を記します。

  1. clipコマンドを使用しない場合のdirの出力は以下の通りです。
    C:\Users\sakura\Desktop>dir
     ドライブ C のボリューム ラベルは Win7HDD です
     ボリューム シリアル番号は 1234-1234 です
    
     C:\Users\sakura\Desktop のディレクトリ
    
    2012/12/18  13:35    <DIR>          .
    2012/12/18  13:35    <DIR>          ..
    2012/01/11  17:44             1,150 Mozilla Firefox.lnk
    2012/09/26  10:54             1,885 Tera Term.lnk
                   2 個のファイル               3,035 バイト
                   2 個のディレクトリ  14,257,938,432 バイトの空き領域
     
  2. dir | clip を実行する
  3. メモ帳(notepad)を起動し編集→貼り付け(Ctrl+V)をしたときのスクリーンショットです。
    clip-01.gif

上記の例からわかるように、clipコマンドによりdirの出力がclipに渡されクリップボードにリダイレクトされているのがわかります。

入力のリダイレクト(<)を使ってファイル内容をクリップボードにリダイレクト

入力のリダイレクト(<)を使った例を以下に記します。

  1. 以下の内容を持つテキストファイルを用意しました。
    C:\.....>type win.txt
    Windoes NT
    Windows 2000
    Windows XP
    Windows Vista
    Windows 7
    Windows 8
     
  2. 入力のリダイレクトを使ってclipコマンドに渡します。
    構文
    clip < ファイル名
    実行例
    C:\.....>clip < win.txt
    メモ帳(notepad)を起動し編集→貼り付け(Ctrl+V)をしたときのスクリーンショットです。
    clip-02.gif
     
  3. 入力のリダイレクトを使った構文は、以下のパイプを使った構文と同じ動作になります。
    type ファイル名 | clip

CLIP.EXEコマンドのヘルプ

CLIP.EXEコマンドのヘルプは以下の通りです。
オプション/?をつけ、CLIPコマンドを実行したときの出力です。

clip /?

CLIP

説明:
    コマンド ライン ツールの出力を Windows クリップボードにリダイレクトします。
    その出力されたテキストをほかのプログラムに貼り付けることができます。

パラメーター一覧:
    /?                  このヘルプを表示します。

例:
    DIR | CLIP          現在のディレクトリ一覧のコピーを Windows クリップボード
                        に貼り付けます。

    CLIP < README.TXT   readme.txt ファイルのテキストのコピーを Windows
                        クリップボードに貼り付けます。

スポンサーリンク


添付ファイル: fileclip-02.gif 201件 [詳細] fileclip-01.gif 234件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:49:34 (1193d)