このエントリーをはてなブックマークに追加


コマンドプロンプト上の操作Tips

コマンドプロンプト上で、コマンド履歴を見て選択したり、履歴からコマンドを再実行したりすることができます。
以下に簡単ですがコマンドプロンプト上での操作について紹介します。
尚、PowerShell上でも同様の操作が可能です。


スポンサーリンク

コマンドプロンプト上でのキー操作

下表にコマンドプロンプト上でのキー操作をいくつか紹介します。(DOSKEY /? の出力を加工)

キー操作内容
上下方向キーコマンドを再度呼び出します
Escコマンド ラインをクリアします
F7コマンド履歴を表示します
Alt+F7コマンド履歴をクリアします
F8コマンド履歴を検索します
F9数字によるコマンドを選択します。
Alt+F10マクロ定義をクリアします。

以下にいくつかのキー操作を紹介します。

F7キーの実行例

いくつかのコマンドを実行したあと、F7キーにを押すと以下のようになります。
実行したコマンドの履歴が表示されます。

01.png

Alt+F10キー

マクロの定義を行い、Alt+F8キーでマクロ定義を消去してみます。
尚、マクロ定義はdoskeyコマンドを利用して、clearマクロを作成します。

doskey clear=cls
  1. マクロを定義します。
    C:\>doskey clear=cls
  2. マクロ定義の確認
    C:\>doskey /macros
    clear=cls
    マクロが定義されているのが確認できます。
  3. Alt+F10キー押下
  4. 再度マクロ定義を確認
    C:\>doskey /macros
    マクロが消去されているのが確認できます。

上記の流れのスクリーンショットです。

02.png

以上、コマンドプロンプト上でのキー操作の紹介でした。


スポンサーリンク


添付ファイル: file01.png 70件 [詳細] file02.png 50件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-10-22 (木) 21:55:50 (851d)