このエントリーをはてなブックマークに追加


SNP(Scalable Networking Pack)の設定および確認方法

SNP(Scalable Networking Pack)の確認コマンドと設定方法を以下に記します。


スポンサーリンク

SNPの確認コマンド

以下のコマンドにより設定値を確認することができます。

netsh int tcp show global

コマンドプロンプトまたはPowerShellで上記コマンドを実行すると以下のように設定値が出力されます。

PS C:\Users\sakura> netsh int tcp show global
アクティブ状態を照会しています...

TCP グローバル パラメーター
----------------------------------------------
Receive-Side Scaling 状態              : enabled
Chimney オフロード状態                 : disabled
NetDMA 状態                            : disabled
Direct Cache Acess (DCA)               : disabled
受信ウィンドウ自動チューニング レベル  : normal
アドオン輻輳制御プロバイダー           : none
ECN 機能                               : disabled
RFC 1323 タイムスタンプ                : disabled
初期 RTO                               : 3000
Receive Segment Coalescing 状態        : disabled
非 Sack の Rtt 回復性                  : disabled
SYN の最大再送信数                     : 2

RSS, Chimeny, NetDMAの設定方法

以下のコマンド例では、RSS、Chimney、NetDMAをdisabledに設定する例です。

  • RSS
    netsh int tcp set global rss=disabled
  • chimney
    netsh int tcp set global chimney=disabled
  • NetDMA
    netsh int tcp set global netdma=disabled

disabledの部分をenabledにすれば有効の設定を行うことができます。

以上、SNP(Scalable Networking Pack)の確認、設定方法でした。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-05-25 (月) 19:29:09 (1066d)