このエントリーをはてなブックマークに追加


net accountsコマンドによる情報とGUIとの対比

ユーザー アカウントデータベースの設定値を確認したり変更したり、すべてのアカウントに対するパスワードとログオン要件を確認したり変更することができます。
本資料では、net accountsコマンドをオプションなしで起動した時の出力とこの情報に対応するGUI画面のありかを以下に記します。


スポンサーリンク

関連記事・関連資料

net accountsコマンドを実行してみる

以下のようにコマンドプロンプトを起動し、net accountsコマンドをオプションなしで実行したときの出力結果です。

C:\Users\sakura>net accounts
強制ログオフまでの時間 (分):                                しない
パスワード変更禁止期間 (日数):                              0
パスワード有効期間 (日数):                                  42
最小パスワード長:                                           0
使用できない旧パスワード数:                                 なし
ロックアウトしきい値:                                       しない
ロックアウト期間 (分):                                      30
ロックアウト監視ウィンドウ (分):                            30
コンピューターの役割:                                       WORKSTATION
コマンドは正常に終了しました。

この情報がコントロールパネルのどこに存在するかを以下に記します。

管理ツールのローカル セキュリティ ポリシー

net accountsで出力された情報は、コントロールパネル内の管理ツールにある、「ローカル セキュリティ ポリシー」になります。
尚、「ローカル セキュリティ ポリシー」はWindows 7 Home Premiumにはありません。

以下のスクリーンショットは「ローカル セキュリティ ポリシー」を起動し、アカウントのポリシー内にある、パスワードのポリシーを確認したものです。

secpol.gif
 

上記のnet accountsコマンドで出力された内容と一致するのが確認できます。


スポンサーリンク


添付ファイル: filesecpol.gif 164件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:49:35 (1187d)