このエントリーをはてなブックマークに追加


PowerShellでモニタリングする方法

ファイルサイズの増減やCPU使用率などPowerShellで簡単にモニタリングすることができます。
以下に簡単なモニタリングする方法を記します。


スポンサーリンク

関連記事

ファイルの増減をウォッチ

以下のようにPowerShellに入力すれば、市営したディレクトリのファイルを1秒毎にウォッチすることができます。

while($true) { dir <ウォッチするディレクトリ>; sleep 1; cls }

または

for(;;) { dir <ウォッチするディレクトリ>; sleep 1; cls }

実際に実行した時の出力例です。

for(;;) { dir .\; sleep 1; cls }

上行の出力結果は以下の通り。(1秒毎再表示されます。)

d----        2015/07/31     18:18            $WINDOWS.~BT
d----        2014/07/17      0:55            AuthLog
d----        2014/07/17      1:32            DRIVERS
d----        2012/11/06      7:56            Intel
<省略>

CPU使用率をウォッチ

Win32_Processorクラスを使用してCPU使用率を1秒毎に表示してみます。
コア毎のCPU使用率を確認して場合は、以下のリンクの記事を参照してください。

  • CPU使用率をウォッチ
    while($true) { (Get-WmiObject Win32_Processor).LoadPercentage ; sleep 1; cls }
    または
    for(;;) { (Get-WmiObject Win32_Processor).LoadPercentage ; sleep 1; cls }

動作説明

for, whileを使って無限ループを作成しています。
無限ループ内にウォッチするためのコマンドを記述し、コマンド実行後、1秒間のスリープをしています。
その後、画面を消去しているだけになります。
尚、停止する場合は、Ctrl+Cを押してください。

以上、PowerShellで簡単にモニタリングする方法でした。


スポンサーリンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-10-26 (月) 22:46:14 (1023d)