このエントリーをはてなブックマークに追加


既存パス文字列にファイル名またはフォルダ名を追加する

既存のパス文字列の後ろにファイル名またはフォルダ名を追加したパス文字列を作成する場合は、FileSystemObjectのBuildPathメソッドを使用すると簡単にパス文字列を作成することができます。
以下にBuildPathメソッドを使ったVBScriptサンプルコードと実行結果を記します。


スポンサーリンク

BuildPathメソッドのサンプルコード

本VBScriptサンプルコードはpath変数に格納されているパス文字列にファイル名とフォルダ名を設定しBuildPathメソッドを呼び出したサンプルになります。

Set fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")

path = "c:\a\b\c"

p1 = fso.BuildPath(path, "foo.txt")
WScript.Echo p1

p2 = fso.BuildPath(path, "bar")
WScript.Echo p2

Set fso = Nothing

BuildPathメソッドのサンプルコード実行結果

上記のサンプルコードの実行した出力は以下のようになります。

C:\wsh>cscript /nologo buildpath.vbs
c:\a\b\c\foo.txt
c:\a\b\c\bar

設定したファイル名foo.txtとフォルダ名(bar)が追加されていることが確認できます。


添付ファイル: filebuildpath.vbs 87件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:50:28 (1185d)