このエントリーをはてなブックマークに追加


iBUFFALO BSKBB22をWindows10で使用できるようなった

Windows10で動作しない報告が多々ある、iBUFFALO BSKBB2をなんとか使用できるようになりました。
この操作手順が正しいかどうかはわかりませんが、試行錯誤して使用できたので記事にしてみました。


スポンサーリンク

設定手順

以下の手順で使用できるようになりました。

  1. Bluetoothの設定を変更する
    以下の画面が表示されるので、Bluetoothを選び、右クリックします。
    当方のマシンでは、Bluetooth無線となっていました。
    本記事を見ている方の環境では異なるかもしれません。
    01.png
     
  2. 電源の管理タブをクリックし、下図のようにチェックボックスを外します。
    (当方、BSKBB22が使用できるようになった後、電力の節約のために・・・にチェックをいれましたが問題なく使用できています。
    他のサイトで見ると、チェックを外さないとすぐにスリープするなどの問題があるようです。)
    02.png
     
  3. コントロールパネルのデバイスとプリンターの画面を開き、デバイスの追加をクリックします。
    03.png
     
  4. キーボードが出てきたら選択し、ペアリングを行ってください。
     
  5. ペアリング終了後、BSKBB22を右クリックしプロパティを選択します。
    04.png
     
  6. サービスタブをクリックし、「キーボード、マウス、その他用のドライバー(HID)」にチェックを入れ、適用ボタンをクリック。
  7. OKボタンをクリックします。
    05.png
     
  8. 上記の操作を行うと、デバイスとプリンター画面の下に「デバイスを準備しています。」のようなメッセージが表示されます。
    正確には「デバイスを準備しています。」ではないかもしれません。失念しましたがこのようなメッセージが表示されます。
    ペアリング済み→デバイスを準備しています→ペアリング済→デバイスを準備しています を何回か繰り返しました。
    プログレスバーが出ていれば、待たなければならないのだな!と認識できたのですが、下にちょこちょこと表示されていたため、
    気づくのに時間がかかりました。
    当方、AtomのWindows10タブレットのため、数分時間がかかりました。
    赤で囲んだ部分に「状態:○○○○○○○○」と表示されます。
    06.png
     
    当方、ドライバーインストール後にはすぐ使えるのもだと思い、上記に記述したように待つことができず、デバイスを削除し何度もトライしていて気づきました。
     

つまり、「キーボード、マウス、その他用のドライバー(HID)」にチェックを入れ、適用ししばらく待つのが解決策のように見えます。

以上、当方の場合のWindows10でiBUFFALO BSKBB22を使用可能にした手順でした。


スポンサーリンク


添付ファイル: file02.png 407件 [詳細] file06.png 374件 [詳細] file01.png 265件 [詳細] file05.png 299件 [詳細] file04.png 181件 [詳細] file03.png 556件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-11-11 (水) 23:04:12 (1007d)