このエントリーをはてなブックマークに追加


Windows10でbash(Windows Subsystem for Linux)を利用する手順

Windows10に新しく追加された機能、「Windows Subsystem for Linux (Beta)」を利用する手順を以下に記します。


スポンサーリンク

Windows Subsystem for Linux のインストール

Windows Subsystem for Linux (Beta) (本記事作成時は、まだBeta)をインストールする手順は以下の通りです。
以下、WSLと略します。

  1. コントロールパネルを開きます。
  2. プログラムをクリックします。
  3. Windowsの機能の有効化または無効化をクリックします。
    01.png
     
  4. OKボタンを押してインストールします。
  5. あとはメッセージに従い、インストールを完了します。

開発者モードを有効にする

開発者モードを有効にしないで、bashを起動すると以下のメッセージが表示されます。

PS C:\Users\sakura> bash
-- ベータ機能 --
これにより Windows に Ubuntu がインストールされます。Ubuntu は Canonical によって配布される製品であり、
次のサイトに示される条件に基づいてライセンスされています。
https://aka.ms/uowterms

この機能を使用するためには開発者モードを有効にする必要があります。
PS C:\Users\sakura>

以下に開発者モードを有効にする手順を記します。

  1. 設定画面を開きます。
  2. 更新とセキュリティをクリックします。
  3. 左側に開発者向けとあるので、クリックします。
    開発者モード用のパッケージのインストールがはじまるので少々待ちます。
    ここでも再起動が必要になります。
  4. 開発者モードをチェックします。
    開発者モード用のパッケージのインストールがはじまるので少々待ちます。
    ここでも再起動が必要になります。
    02.png
     

初回起動

以下の手順でbashを起動します。

  1. PowerShellを起動します。
  2. bashと入力しEnterキーを押します。
    bash
  3. 以下のメッセージが表示されるので、yと入力し、Enterキーを押します。
    Windowsストアからダウンロードが始まります。
    PS C:\Users\sakura> bash
    -- ベータ機能 --
    これにより Windows に Ubuntu がインストールされます。Ubuntu は Canonical によって配布される製品であり、
    次のサイトに示される条件に基づいてライセンスされています。
    https://aka.ms/uowterms
    
    続行するには、"y" を入力してください: y
    Windows ストアからダウンロードしています... 91%
    ダウンロードが完了すると、以下のメッセージが表示されるので、しばらく待ちます。
    ファイル システムを展開しています。この処理には数分かかります...
  4. WSL用にパスワードの入力が求められるので入力します。
  5. PowerShellを閉じます。

WSLの格納パス

WSLのファイル群の格納パスは以下の通りです。

%USERPROFILE%\AppData\Local\lxss

起動方法

bashの起動方法ですが、コマンドプロンプト上でbashと入力してもいいですし、PowerShell上でbashと入力して起動することもできます。
また、スタートメニューにbashのアイコンが追加されていますので、スタートメニューからも起動できます。

03.png
 

以上、WSLのインストール手順でした。


スポンサーリンク


添付ファイル: file03.png 81件 [詳細] file02.png 81件 [詳細] file01.png 97件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-08-12 (金) 00:14:51 (733d)