#navi(../)
* プロキシ経由のWindows Updateができない場合の対処 [#y38003d0]

本資料はWindows 7、Windows 8(8.1)およびWindows XPの3つを対象に記述しています。~
対応するOSの部分を参照してください。

社内などプロキシがあり、Windows Updateがプロキシ経由での場合、セキュリティアップデートファイルの一覧は表示されるが、ファイルのダウンロードに失敗しWindows Updateが正常に終了しない場合がありました。
この場合の対処方法を以下に記します。~
また、プロキシ経由指定をもとに戻す(プロキシ経由しない)方法も記します。

#contents
#htmlinsertpcsp(win-top.html,win-sp.html)

* Windows 7, Windows 8(8.1) proxyの設定および確認 [#c77791fb]

管理者権限で、コマンドプロンプトを起動し以下のコマンドを実行します。~
以下の内容は、インターネットエクスプローラーのプロキシ設定をインポートします。
** Windows 7 [#v312fa62]
#ref(win7-pxy-01.gif)

** Windows 8(8.1) [#a2ae8691]
#ref(01.png)

** proxy設定値の確認方法 [#oea01eb7]
 C:\Windows\system32>netsh winhttp show proxy
 
 現在の WinHTTP プロキシ設定:
 
     直接アクセス (プロキシ サーバーなし)。
 

** IEのプロキシ設定値をインポートする [#a82fde73]

 C:\Windows\system32>netsh winhttp import proxy source=ie
 
 現在の WinHTTP プロキシ設定:
 
     プロキシ サーバー:  IEに指定したプロキシサーバー:プロキシサーバーのポート番号
     バイパス一覧     :  バイパスIP情報

** コマンドにてプロキシを設定する(バイパス設定含む) [#i3522c3d]
set proxyコマンドでプロキシサーバの指定もできます。

 C:\Windows\system32>netsh winhttp set proxy proxy-server="http=プロキシサーバ:ポート番号"
プロキシサーバがhttpsの場合はhttp=をhttps=にする。

バイパスも一緒に設定する場合は以下のようにする。
 set proxy proxy-server="プロキシサーバ:ポート番号" bypass-list="パイパスするIP群などを列挙"
netsh winhttp import proxy source=ieコマンドを実行してbypass-listがどのように設定されるかを確認するとわかりやすと思います。


** プロキシ設定のリセット [#o50f24ef]
以下のコマンドで設定した(設定してある)プロキシ情報をリセットできます。
 C:\Windows\system32>netsh winhttp reset proxy
 
 現在の WinHTTP プロキシ設定:
 
     直接アクセス (プロキシ サーバーなし)。
 

** netshコマンドは対話形式で利用することもできる [#sda017ec]
上記例では、netsh winhttp xxxxという感じでコマンドを実行しました。~
以下のように1つずつ打ち込んで対話形式で利用することもできます。
 C:\Windows\system32>netsh
 netsh>winhttp
 netsh winhttp>show proxy
 
 現在の WinHTTP プロキシ設定:
 
     プロキシ サーバー:  http=hoge:8080
     バイパス一覧     : (なし)
 
 netsh winhttp>quit

* Windows XP proxyの設定および確認 [#v191657e]
以下、Windows XPのProxy設定および確認方法です。

** Proxyサーバの設定情報確認 [#aff7f0e1]
インターネットエクスプローラを起動し[ツール(T)]→[インターネットオプション(O)]をクリックすると「インターネットオプション」画面が表示されるので[接続]タブをクリックします。~
「インターネットオプション」画面の「LANの設定(L.)...」でプロキシサーバが設定されていることを確認。
#ref(pxy-winupd-01.gif)

** Proxy設定方法(プロキシ使用の設定) [#k6b45b3d]
- コマンドライン プロンプトを起動
[スタート]→[アクセサリ]→[コマンドライン プロンプト]
- コマンドライン プロンプトに以下のコマンドを入力しEnterキーを押下
 proxycfg -u
#ref(pxy-winupd-02.gif)
#br
- インターネットエクスプローラが起動している場合は一度終了し、再度Windows Updateをしてみてください。

** Proxy設定方法(プロキシ未使用) [#x43cd74d]
Proxy設定を削除したのにうまくWindows Updateができない場合は以下の操作を行ってください。~
インターネットエクスプローラを起動し[ツール(T)]→[インターネットオプション(O)]をクリックすると「インターネットオプション」画面が表示されるので[接続]タブをクリックします。~
「インターネットオプション」画面の「LANの設定(L.)...」でプロキシサーバが設定されていないこと確認。
#ref(pxy-winupd-03.gif)
#br

** Proxy設定方法(プロキシ未使用の設定) [#eacfd923]
- コマンドライン プロンプトを起動
[スタート]→[アクセサリ]→[コマンドライン プロンプト]
- コマンドライン プロンプトに以下のコマンドを入力しEnterキーを押下
 proxycfg -d
- インターネットエクスプローラが起動している場合は一度終了し、再度Windows Updateをしてみてください。
#ref(pxy-winupd-04.gif)
#htmlinsertpcsp(win-btm.html,win-sp.html)

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS