このエントリーをはてなブックマークに追加    Yahoo!ブックマークに登録

PowerShellのif文でand,or,xor,notを記述する方法

PowerShellでAnd, Or, Xor, Notを使用する(記述する)サンプルを以下に記します。


スポンサーリンク

関連記事

if文で使用するAnd, Or, Xor, Notの演算子

PowerShellのAnd, Or, Xor, Notの演算子は以下のように記述できます。

論理演算子PowerShell記述法
AND 論理積-And
OR 論理和-Or
XOR 排他的論理和-Xor
NOT 否定-Not または !

論理演算子を使ってみる

以下のif文と論理演算を使ったサンプルを記します。

And

if (($a -eq $null) -And ($b -eq $null)) {
  Write-Output "TRUE"
} else {
  Write-Output "FALSE"
}

Or

if (($a -eq $null) -Or ($b -eq $null)) {
  Write-Output "TRUE"
} else {
  Write-Output "FALSE"
}

Xor

if (($a -eq $null) -Xor ($b -eq $null)) {
  Write-Output "TRUE"
} else {
  Write-Output "FALSE"
}

Not

if (!($a -eq $null)) {
  Write-Output "TRUE"
} else {
  Write-Output "FALSE"
}
if (-Not($a -eq $null)) {
  Write-Output "TRUE"
} else {
  Write-Output "FALSE"
}

以上、PowerShellで論理演算子、And, Or, Xor, Notを使用する例でした。


スポンサーリンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-02-14 (日) 20:57:09 (341d)