このエントリーをはてなブックマークに追加    Yahoo!ブックマークに登録

Windows7にPowerShell5.0をインストールしてみた

Windows7にPowerShell5.0をインストールしたときの資料です。(2016/4/14現在)
本資料で使用したOSは Windows 7 SP1 64bit になります。


スポンサーリンク

インストール後の追記

PowerShellのバージョンが変わったのは確認できましたが、PowerShellのCUIはかわらないのですね。
Windows10のPowerShellを起動した場合は、構文に色がついたり、CTRL+Rによる補完なんかもできるのですけどね。
CUIの使い勝手は変わりませんが、バージョンアップすることにより、PowerShell5.0の新機能であるclassの作成などもできました。

関連記事

WMF5.0(Windows Management Framework 5.0)とは

WMF5.0(Windows Management Framework 5.0)をインストールすることにより、PowerShell5.0がインストールされ使用できるようになります。

WMF5.0(Windows Management Framework 5.0)をインストールする前に

WMF5.0をインストールする前に以下の内容を調べ対処してください。
今回、この記事ではWindows7を対象としているので、OS要件としては、Windows 7 SP1となっているか確認してください。
また、WMF5.0をインストールするには、.NET Framework 4.5以上をインストールしておく必要があります。
インストールされていない場合は、別途、.NET Framework 4.5以上をインストールしてください。
まとめると

  1. Windows 7 SP1 であること
  2. .NET Framework 4.5以上 がインストールされていること

.NET Framework 4.5 がインストールされているか確認する方法

.NET Framework 4.5がインストールされているかどうかを確認するには、「プログラムのアンインストールまたは変更」の画面で確認するとよいでしょう。
以下の手順で確認することができます。

  1. スタート→コントロールパネル
  2. 表示方法:カテゴリで説明します。
  3. プログラムのアンインストールをクリック
    01.png
     
  4. .NET Frameworkのバージョンを確認します。
    以下のスクリーンショットでは、.Net Framework 4.6.1がインストールされていることが確認できます。
    02.png
     

.NET Frameworkの各バージョン入手およびインストーラ

WMF5.0のシステム要件として指示されている、.NET Frameworkのバージョンがインストールされていない場合は、以下のURLからダウンロードしインストールしてください。

尚、上記のスクリーンショットにあるように、当方のマシンは既に.NetFramework 4.6.1がインストールされていたので、.NetFrameworkのインストールについては割愛させていただきます。

WMF5.0のダウンロードおよびインストール

以下の手順でWMF5.0をインストールしました。

  1. Windows 7 SP1であり、インストール要件にある.NetFrameworkが4.5以上であるこを確認します。
  2. WMF5.0を以下のURLからダウンロードします。 https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=50395
     
  3. ダウンロードをクリックします。
    03.png
     
  4. 以下の画面が表示されるので、対応するファイルにチェックを入れ、Nextをクリックします。
    尚、今回インストールするPCはWindows 7 SP1 64bit版なので、Win7AndW2K8R2-KB3134760-x64.msu をダウンロードしました。
    32bit版であれば、Win7-KB3134760-x86.msu になるでしょう。
    04.png
     
  5. 以下の画面が表示されましたので、ファイルを保存するにチェックを変えOKボタンを押しました。
    05.png
     
  6. ダウンロードが完了したら、ダウンロードしたフォルダに移動し、ダウンロードしたファイルを実行します。
  7. インストール開始のメッセージ画面やライセンス同意画面が表示されますので、メッセージに従って操作してください。
  8. インストールにはしばらく時間がかかります。
    06.png
     
  9. インストールが完了するとマシンの再起動を要求されるので再起動します。
    07.png
     
  10. 再起動するとWindows 更新プログラムの構成中となりますので、しばらく待ちます。
  11. PowerShellを起動します。
  12. $PSVersionTableまたは$Hostと入力し、Enterキーを押します。
    $PSVersionTable
    または
    $Host
     
    実行すると以下のようにPowerShellのバージョンが5.0になっているのが確認できます。
    PS C:\Users\sakura> $PSVersionTable
    
    Name                           Value
    ----                           -----
    PSVersion                      5.0.10586.117
    PSCompatibleVersions           {1.0, 2.0, 3.0, 4.0...}
    BuildVersion                   10.0.10586.117
    CLRVersion                     4.0.30319.42000
    WSManStackVersion              3.0
    PSRemotingProtocolVersion      2.3
    SerializationVersion           1.1.0.1
     
    PS C:\Users\sakura> $Host
    
    
    Name             : ConsoleHost
    Version          : 5.0.10586.117
    InstanceId       : 5ee36ea4-f5de-4db4-b4d2-88296769f2c6
    UI               : System.Management.Automation.Internal.Host.InternalHostUserInterface
    CurrentCulture   : ja-JP
    CurrentUICulture : ja-JP
    PrivateData      : Microsoft.PowerShell.ConsoleHost+ConsoleColorProxy
    DebuggerEnabled  : True
    IsRunspacePushed : False
    Runspace         : System.Management.Automation.Runspaces.LocalRunspace

以上、Windows 7 SP1 にPowerShell5.0をインストールする手順でした。


スポンサーリンク


添付ファイル: file07.png 75件 [詳細] file06.png 41件 [詳細] file05.png 33件 [詳細] file04.png 76件 [詳細] file03.png 307件 [詳細] file02.png 347件 [詳細] file01.png 207件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-23 (土) 10:51:51 (272d)