このエントリーをはてなブックマークに追加


コマンドプロンプトで現在いるフォルダに素早くエクスプローラーを起動する方法

コマンドプロンプトであるディレクトリで作業を行っている途中で、ファイルエクスプローラーで確認したいな!
と思ったときに素早く、コマンドプロンプトで作業中のフォルダをファイルエクスプローラーで表示する手順になります。
また逆にファイルエクスプローラーで見ているフォルダに素早くコマンドプロンプトを起動したい場合の記事も以下のリンクで公開しています。


スポンサーリンク

関連記事

ファイルエクスプローラーをコマンドで実行する

下のコマンドプロンプトのキャプチャは、 C:\Windows\System32\drivers\etc にいる状態になっています。

01.png
 
  1. ここで以下のコマンドを入力し、Enterキーを押します。
    ドット(.)を忘れないようにしてください。
    explorer .
    02.png
     
  2. ファイルエクスプローラーが起動され、コマンドプロンプトで作業中のフォルダ内容が表示されます。
    03.png
     

なぜ、ドット(.)で表示されるのかと言うと、ドット(.)は現在のディレクト(フォルダ)を意味ます。
従って、ファイルエクスプローラーのコマンド名(explorer)に引数として現在のディレクトリ(.)を渡すことにより現在のディレクトリ(フォルダ)が表示される訳です。

ちなみに dir コマンドで表示されるドット2つ(..)一つ上のディレクトリ(フォルダ)を意味します。
ドット1つは上記の通り、現在いるディレクトリ(フォルダ)になります。

04.png
 

よって、上記ではexplorerコマンドにドット1つを引数として実行しましたが、
ドット2つにすれば1つ上位のフォルダでファイルエクスプローラーが起動されます。

05.png
 
06.png

ディレクトリやドライブを指定することも可能です。

07.png
 
08.png
 

以上、コマンドプロンプトで見ているディレクトリに素早くエクスプローラーを起動する方法の紹介でした。


スポンサーリンク


添付ファイル: file01.png 8件 [詳細] file08.png 8件 [詳細] file07.png 8件 [詳細] file06.png 8件 [詳細] file05.png 8件 [詳細] file04.png 7件 [詳細] file03.png 8件 [詳細] file02.png 8件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-07-30 (火) 21:15:25 (21d)