このエントリーをはてなブックマークに追加


macOSのSpotlight風なランチャーExecutorの紹介

macOSのSpotlightに似たExecutorというランチャーを紹介します。


スポンサーリンク

動作確認

  • Windows 10 Home ver.1903

Executorの入手

Executorは以下のURLよりダウンロードました。

  1. ブラウザを起動し、Executorのサイトに接続します。
  1. 本記事では、下記キャプチャの通り、Installerをダウンロードしました。
    21.png
     

Executorをインストール

Executorを以下の手順でインストールしました。

  1. ダウンロードした ExecutorSetup.exe を起動します。
  2. ライセンス承諾をします。
    31.png
     
  3. インストールフォルダを決定します。(デフォルトで行きました。)
    32.png
     
  4. スタートメニューに関する設定をします。(デフォルトで行きました。)
    33.png
     
  5. デスクトップにショートカットアイコンを作成する場合はチェックをしてください。(デフォルトで行きました。)
    34.png
     
  6. 確認画面が表示されるで問題なければ Install ボタンを押し進みます。
    35.png
     
  7. インストール完了画面です。
    Launch Executorのチェックをしたまま Finish ボタンをクリックします。
    36.png
     

Executorの設定

Executorをインストール後、初期設定を行います。

  1. デフォルトのまま Fancy skinned and always open list.. でOKボタンをクリックします。
    41.png
     
  2. 以下のキャプチャも同様にデフォルトのままOKボタンをクリックします。
    42.png
     
  3. 以下のキャプチャのように、Executorの画面が表示されます。
    他のウインドウやデスクトップをクリックするとこの画面は消えます。
    43.png
     
  4. 右下のExecutorアイコンを右クリックします。
    44.png
     
  5. Settings...をクリックします。
    45.png
     
  6. 設定画面が表示されるので、いくつか設定を行います。
    • Start on windows startup にチェックを入れました。
      これにより、Windows起動時に自動起動されます。
    • Add to windows 'Send to' menu.にチェックを入れました。
      これは、Executorにキーワード指定したいアプリやフォルダなどをExecutorに右クリックの送るで設定できるようになります。
    • Hotkeyを当方は、無変換ボタンに変更しました。
      Hotkeyのテキストボックをクリックし無変換ボタン押し、右側のチェックを外しました。
      これにより、無変換ボタンでExecutorが表示されます。
      46.png
       

Executorでアプリを起動してみる

上記では、Executorの呼び出しを無変換ボタンにしました。
以下のキャプチャは、無変換を押し、exと入力したときのキャプチャになります。
この状態で一番上に表示されているのがExcelなのでEnterキーを押せばExeclが起動します。

47.png
 

Executorにフォルダを登録してみる

上記で Send to にチェックをいれました。
実際にフォルダをExecuterに登録してみます。

  1. 登録したいフォルダを右クリックし、送るでExecuterをクリックします。
    48.png
     
  2. keywordにdevを入力しApplyボタンをクリックします。
  3. 画面を閉じます。
    49.png
     
  4. 無変換ボタンを押し、Executer画面を表示しdevと入力したときのキャプチャです。
    登録したフォルダが表示されるので、Enterキーを押すとフォルダが開きます。
    50.png

登録したキーワードを削除する手順

登録したキーワードを削除するときは、右下のExecuterアイコンを右クリックしSettingsをクリックします。
keywordsタブ先ほど登録したキーワードがあるので、右クリックで選択しDeleteをクリックすれば削除できます。

51.png

以上、Executerランチャーの紹介でした。


スポンサーリンク


添付ファイル: file51.png 9件 [詳細] file50.png 9件 [詳細] file49.png 13件 [詳細] file48.png 11件 [詳細] file47.png 10件 [詳細] file46.png 14件 [詳細] file45.png 13件 [詳細] file44.png 14件 [詳細] file43.png 12件 [詳細] file42.png 14件 [詳細] file41.png 9件 [詳細] file36.png 9件 [詳細] file35.png 13件 [詳細] file34.png 12件 [詳細] file33.png 11件 [詳細] file32.png 12件 [詳細] file31.png 9件 [詳細] file21.png 9件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-07-17 (水) 01:20:32 (35d)