このエントリーをはてなブックマークに追加


IPアドレスの変更に関しては「仮想化関連ソフト/andLinuxのIPアドレス変更方法」に書いてあります。

andLinuxのインストールおよび日本語化

2010/1/11作成
非力なマシンにLinux環境がほしいと思い、Windows上でサブプロセスとして動作するandLinuxをインストールしてみた。
andLinux.org : http://www.andlinux.org/
参考サイト : http://blog.mmq.at/sb.cgi?eid=146


スポンサーリンク

andLinuxインストール後の動作画面

Windowsデスクトップ上にxeyes, xlogo, Firefox(andLinux側で動作)やターミナルがシームレスに動作している状態です。

andlinux-00.png

andLinuxの入手

andLinux.orgよりandLinux Beta 2(final)minimal / XFCE version, 200 MBをダウンロードしてインストールを行いました。
ダウンロードしたファイル名はandlinux-beta2-minimal.exeになります。

andlinux-site-00.png

andLinuxのインストール

  1. andLinuxとのファイル共有 andLinuxとWindows間でsamba利用のファイル共有をする方は以下の作業を行ってください。
    samba共有を行わない場合やファイルの共有が必要ない場合(WinSCPやFTPを使う!って方など)は本作業は不要です。
    andLinuxとWindows間でファイルの共有をするために最初にネットワークアクセスにて変更可能な共有フォルダを作成しておいてください。
     
  2. ダウンロードしたandlinux-beta2-minimal.exeを起動します。
  3. andLinuxセットアップウイザード画面が表示されます
    Nextを押し次に進みます。
    andlinux-01.png
     
  4. ライセンス許諾
    ライセンス許諾画面が表示されるので確認し同意にチェックを入れ次に進みます。
    andlinux-02.png
     
  5. インストールディレクトリ指定 ディレクトリを変更したい場合は変更し次に進みます。
    andlinux-03.png
     
  6. andlinuxのバージョン 推奨されている0.74(stable, recommended)を利用しました。
    andlinux-04.png
     
  7. メモリ容量指定 使用するマシンのメモリ容量を考え指定してください。
    当方は、メモリが2Gなので512MBを選びました。
    andlinux-05.png
     
  8. X Server指定 XmingによりLinuxアプリケーションをシームレスに表示できるようになりますので、Yesを選択します。
    当方は以下のように設定しました。
    andlinux-06.png
     
  9. サウンドの指定 サウンドの有効/無効を選択します。
    andlinux-07.png
     
  10. andLinuxの起動方法指定 当方は「NTサービスとして手動実行・XFCEパネルを使う」を指定にしました。
    andlinux-08.png
     
  11. andLinuxのログインユーザ設定 andLinuxのログインユーザ名とパスワードを指定します。
    andlinux-09.png
     
  12. 共有ファイル方法を指定 「andLinuxとのファイル共有」でsamba共有をするために共有フォルダを作成した方は using Samba... を選択してください。
    共有不要の方は I dont... を選択します。CoFSで共有されるかたは using CoFSを選択します。
    andlinux-10.png
     
  13. 共有ディレクトリの指定(Sambaによる共有) 「andLinuxとのファイル共有」でsamba共有をするために共有フォルダを作成した場合は以下の画面で作成した共有フォルダを選択してください。
    次に共有フォルダにアクセスするためのユーザ名とパスワードを設定します。
    andlinux-11.png
     
  14. スタートメニューフォルダ名の指定 特に変える必要はないと思いますが...
    andlinux-12.png
     
  15. CoLinuxコンソールのショートカット作成 必要と思われる箇所にチェックをして次に進みます。
    andlinux-13.png
     
  16. 確認画面 インストール前の確認画面です。Installボタンを押すとインストールが開始します。
    andlinux-14.png
     
  17. インストール中
    andlinux-14.png
     
  18. インストール中の注意 インストール中に以下の画面が表示されます。続行(C)を押してください。
    これは仮想ハードウェアを作成(インストール)する時に表示されます。
    andlinux-16.png
     
  19. インストール完了 インストールが完了しました。Finishを押して再起動します。
    andlinux-17.png
     
  20. 再起動時 再起動するとWindowsファイアウオールから以下のメッセージが表示される場合があります。 ブロックを解除する(U)ボタンを押してください。
    andlinux-18.png
    andlinux-20.png

andLinuxのディスク容量を増加させる

デフォルトだとandLinuxのディスク容量は2Gしかありません。
リサイズしたい方は以下の操作を行ってください。

  1. andLinuxをインストールしたフォルダに移動 デフォルトであればC:\Program Files\andLinuxに移動します。
    ImageResizeTool.zipファイルがあるので適当な場所に展開します。
    (当方はC:\toporesize-0.7.1に展開しました。)
  2. コマンドプロンプトを起動しリサイズ実行 コマンドプロンプトを起動し仮想ディスクのフォルダまで移動します。
    デフォルトであれば以下のようになります。
    cd "Program Files\andLinux\Drives"
    次にImageResizeTool.zipを展開すると出現するresize2fs.exeを利用し仮想ディスクサイズを変更します。
    展開先ディレクトリ\resize2fs.exe -p -f base.vid サイズ
    (例:5Gに変更)
    展開先ディレクトリ\resize2fs.exe -p -f base.vid 5G
    以下の例は20Gに変更した実行例です。
    andlinux-21.png

andLinuxの設定と日本語化

  1. andLinuxの起動 ディスクのリサイズが終わったら早速andLinuxを起動します。
    [スタート]→[プログラム(P)]→[andLinux]→[Start andLinux]で起動します。(Windows XPでの操作)
    最初の起動はディスクのチェックがあるため少々時間がかかります。デスクトップのショートカットandLinux Consoleを起動してみるとfsckが走っているのがわかります。
    今後なんか遅いなぁ。と思ったらandLinux Consoleを起動して確認すればよいでしょう。
    andlinux-22.png
     
  2. XFCEパネルの起動 しばらくするとXFCEパネルが表示されます。
    andLinuxが起動しました。
    andlinux-23.png
     

ターミナルで接続

  1. ターミナルを起動 XFCEパネルの左側に表示されいるターミナルアイコンandlinux-19.pngを起動します。
    (Tera TermやPoderosaなどを利用してる方は使い慣れているターミナルソフトを起動してもかまいません。接続先のIPは192.168.11.150になります。SSH2で接続してください。)
     

日本語設定

以下、ターミナルより以下のコマンドを実行してください。 パスワードを聞かれますのでインストール時に指定したパスワードを入力してください。

  1. 日本語キーボード設定
    sudo loadkeys jp106
     
  2. 日本語パッケージの取得
    wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
    wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-jp-ppa-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
    sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/jaunty.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list
    sudo apt-get update
    sudo apt-get upgrade
    sudo apt-get install language-pack-ja ttf-vlgothic
    sudo apt-get install ubuntu-desktop-ja
     
  3. ロケールの変更
    sudo dpkg-reconfigure locales
    sudo update-locale LANG=ja_JP.UTF-8
     
  4. タイムゾーンの指定 Asia/Tokyoを選択します。
    sudo dpkg-reconfigure tzdata
     
  5. scim,anthyをインストール 以下のコマンドを実行したら既にインストール済みと表示されたが念のため記述
    sudo apt-get install scim-tomoe tomoe-l10n tomoe-gtk-l10n kasumi
     
  6. scimの設定
    sudo scim-setup
    以下の画面が表示されるので設定を行います。
     
    • キーボードレイアウト設定 Japaneseに変更
      andlinux-24.png
       
    • Otherのチェックを外す
      andlinux-25.png
       
  7. /etc/profileに追記 viまたはmousepadを利用し/etc/profileの最後にscimの設定を追記し保存します。
    • viによる編集
      sudo vi /etc/profile
    • mousepadによる編集
      sudo mousepad /etc/profile
      以下の行を/etc/profileに追記する。
      export GTK_IM_MODULE=scim-bridge
      export QT_IM_MODULE=scim-bridge
      if [ -f /etc/X11/Xsession.d/80im-switch ]; then
        . /etc/X11/Xsession.d/80im-switch > /dev/null 2>&1
      fi
       
  8. 共有フォルダの設定変更(Samba共有の場合) viまたはmousepadを利用し/etc/rc.localの最後尾に記述されているsamba共有の設定を変更します。本設定変更は文字化け防止対応です。
    • viによる編集
      sudo vi /etc/rc.local
    • mousepadによる編集
      sudo mousepad /etc/rc.local
      以下のように変更、追記します。
    • 変更前
      mount -t cifs -o credentials=/etc/smbpasswd,iocharset=iso8859-1,uid=[ユーザID],gid=[グループID],dir_mode=0755,file_mode=0755 //192.168.11.1/andLinux_share /mnt/win
       
    • 変更後 iocharsetをutf8に変更、codepage=cp932を追記
      mount -t cifs -o credentials=/etc/smbpasswd,iocharset=utf8,codepage=cp932,uid=[ユーザID],gid=[グループID],dir_mode=0755,file_mode=0755 //192.168.11.1/andLinux_share /mnt/win
       
  9. 再起動により設定反映 ターミナルにリブートコマンドを発行し設定を反映させます。
    sudo shutdown -r now

XFCEパネルに通知エリアを追加

再起動後、XFCEに通知エリアを追加します。これによりAnthyが動作しているかどうかわかります。

  1. XFCEパネルのなにもないところで右クリック 新しいアイテムの追加...を選択します。
    andlinux-26.png
     
  2. 通知エリアを追加します 通知エリアを選び追加を押します。
    andlinux-27.png
     
    OKを押します。
    andlinux-28.png
     
  3. 通知エリアの追加完了
    andlinux-29.png
     
  4. notepadを起動して日本語を入力しているスクリーンショット 通知エリアも王冠に変わり日本語が入力できている様子です。
    andlinux-30.png
 

スポンサーリンク

 

添付ファイル: fileandlinux-21.png 212件 [詳細] fileandlinux-08.png 135件 [詳細] fileandlinux-14.png 129件 [詳細] fileandlinux-07.png 154件 [詳細] fileandlinux-30.png 173件 [詳細] fileandlinux-02.png 143件 [詳細] fileandlinux-15.png 69件 [詳細] fileandlinux-29.png 126件 [詳細] fileandlinux-06.png 138件 [詳細] fileandlinux-13.png 132件 [詳細] fileandlinux-27.png 134件 [詳細] fileandlinux-24.png 189件 [詳細] fileandlinux-28.png 133件 [詳細] fileandlinux-23.png 129件 [詳細] fileandlinux-19.png 163件 [詳細] fileandlinux-05.png 136件 [詳細] fileandlinux-11.png 145件 [詳細] fileandlinux-10.png 139件 [詳細] fileandlinux-22.png 200件 [詳細] fileandlinux-04.png 134件 [詳細] fileandlinux-09.png 131件 [詳細] fileandlinux-18.png 145件 [詳細] fileandlinux-26.png 134件 [詳細] fileandlinux-12.png 116件 [詳細] fileandlinux-17.png 120件 [詳細] fileandlinux-16.png 141件 [詳細] fileandlinux-25.png 129件 [詳細] fileandlinux-00.png 208件 [詳細] fileandlinux-site-00.png 146件 [詳細] fileandlinux-03.png 134件 [詳細] fileandlinux-20.png 129件 [詳細] fileandlinux-01.png 126件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:49:06 (1614d)