このエントリーをはてなブックマークに追加


Windows版 Javaの手動アップデート方法

  • 追記(2013/1/17)
    Javaの64bit版は、バージョン6アップデート20以降をインストールすると、下記に記したコントロールパネル内のJavaをクリックして起動しても、アップデートのタブが表示されません。
    これは、仕様だそうです。
    したがって、64bit版のJavaをアップデートしたい場合は、手動でアップデートすることになるようです。

PCを起動した時などにJavaのアップデートがある場合に表示されるJavaのアップデート通知。
本記事は手動によるJavaのアップデート方法を記します。
尚、本資料はWindows 7 64bit版で動作確認(操作)を行いました。


スポンサーリンク

関連資料

コントロールパネル内のJavaを起動

  1. スタート→コントロールパネルを起動します。
  2. プログラムをクリックします。
    尚、表示方法はカテゴリになっている状態で以下の操作を行いました。
    java-update-01.gif
     
  3. Javaをクリックします。
    java-update-02.gif
     
  4. アップデートタブをクリックし「今すぐアップデート」ボタンを押します。
    java-update-03.gif
     
  5. ユーザアカウント制御の画面が表示されたら「はい」を押します。
  6. アップデートがある場合、以下の画面が表示されるので、インストールボタンを押してアップデートします。
    java-update-04.gif
     
  7. あとはメッセージに従いJavaをアップデートします。
     

    スポンサーリンク


添付ファイル: filejava-update-03.gif 213件 [詳細] filejava-update-04.gif 150件 [詳細] filejava-update-01.gif 196件 [詳細] filejava-update-02.gif 261件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:48:56 (1497d)