このエントリーをはてなブックマークに追加


PowerShellでタイムゾーン関連情報を取得する

本記事はPowerShellで設定されているタイムゾーン情報を取得する方法です。

01.png

スポンサーリンク

参考記事

この記事で使用するWin32_TimeZoneの

Win32_TimeZoneを取得し色々表示してみる

タイムゾーンに関する情報取得は、Get-WmiObjectコマンドレットを使用して簡単に取得することができます。
実際にコマンドを実行した結果は以下の通りです。

PS C:\> Get-WmiObject -Class Win32_TimeZone -Namespace "Root\CIMV2"

Bias SettingID Caption
---- --------- -------
540           (UTC+09:00) 大阪、札幌、東京

上記の通り、タイムゾーンに関する情報の取得ができたので、
何点か実行例を以下に記します。

世界協定時刻(UTC)との差を取得

みなさんのマシンは日本標準時(JST)に設定していると思います。
なので、世界協定時刻(UTC)と比べ、+9時間進んでる状態です。
以下の実行例を見ると、540分(=9時間)すすんでいるのが確認できます。

  • コマンド実行例
    PS C:\> $TZ = Get-WmiObject -Class Win32_TimeZone -Namespace "Root\CIMV2"
    PS C:\> $TZ.Bias
    540
  • コマンド実行例
    PS C:\> (Get-WmiObject -Class Win32_TimeZone -Namespace "Root\CIMV2").Bias
    540

タイムゾーンの表示

設定されている(取得したオブジェクト)のタイムゾーン説明文が表示されます。

  • コマンド実行例
    PS C:\> $TZ = Get-WmiObject -Class Win32_TimeZone -Namespace "Root\CIMV2"
    PS C:\> $TZ.Caption
    (UTC+09:00) 大阪、札幌、東京
  • コマンド実行例
    PS C:\> (Get-WmiObject -Class Win32_TimeZone -Namespace "Root\CIMV2").Caption
    (UTC+09:00) 大阪、札幌、東京

タイムゾーンの標準名称

タイムゾーンの標準名称を取得します。

  • コマンド実行例
    PS C:\> $TZ = Get-WmiObject -Class Win32_TimeZone -Namespace "Root\CIMV2"
    PS C:\> $TZ.StandardName
  • コマンド実行例
    PS C:\> (Get-WmiObject -Class Win32_TimeZone -Namespace "Root\CIMV2").StandardName
    東京 (標準時)

以上、PowerShellを使用してタイムゾーンの情報を取得する方法でした。


スポンサーリンク


添付ファイル: file01.png 6件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-10-24 (水) 21:53:45 (23d)