このエントリーをはてなブックマークに追加


PowerShellでgrepしてwc -lをしてみる

Select-Objectを使ってgrepしてwc -lをしてみます。
尚、UbuntuとPowerShellを比較して記事を書いてあります。


スポンサーリンク

grep , wc -lをSelect-Objectで実現する

NICのIPアドレス一覧を取得し行数を取得してみます。

Linux使用の場合

  • IPアドレスの一覧取得
    sakura@ubuntu:~$ ifconfig | grep inetアドレス
              inetアドレス:10.0.2.15  ブロードキャスト:10.0.2.255  マスク:255.255.255.0
              inetアドレス:192.168.56.12  ブロードキャスト:192.168.56.255  マスク:255.255.255.0
              inetアドレス:127.0.0.1  マスク:255.0.0.0
  • 行数の取得
    sakura@ubuntu:~$ ifconfig | grep inetアドレス | wc -l
    3

ifconfigの出力に対し、grepとwcを使うことにより簡単に調べることができます。

PowerShellの場合

  • IPアドレスの一覧取得
    PS C:\Users\sakura> ipconfig | Select-String IPv4
    
       IPv4 アドレス . . . . . . . . . . : 192.168.1.7
       IPv4 アドレス . . . . . . . . . . : 192.168.56.1
  • 行数の取得
    PS C:\Users\sakura> (ipconfig | Select-String IPv4 | Measure-Object).Count
    2

ipconfigの出力に対しSelect-Stringを使ってIpv4を含む行を取得しています。
行数の取得に関しては、Measure-Objectで返却されたオブジェクトに対し、
Countメソッドで件数を取得しています。

以上、PowerShellでgrep, wc -lを実現する方法でした。


スポンサーリンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:50:55 (1285d)