このエントリーをはてなブックマークに追加


Select-Stringするために文字列として出力するOut-Stringを利用する

Get-ChildItemで取得したファイル一覧をSelect-Stringで検索するには、Out-Stringを利用すると便利です。
UNIXコマンドで言えば、文字列のgrepになりますね。


スポンサーリンク

Get-ChildItemとSelect-Stringの組み合わせ

以下のようなファイル一覧がGet-ChildItemコマンドレットで表示されました。
この出力情報を利用してSelect-Stringしてみます。

  • Get-ChildItem 実行結果
    PS C:\Users\sakura> Get-ChildItem
    
    
        ディレクトリ: C:\Users\sakura
    
    
    Mode                LastWriteTime     Length Name
    ----                -------------     ------ ----
    d-r--        2012/05/23     14:52            Contacts
    d-r--        2012/05/23     14:52            Desktop
    d-r--        2012/05/23     16:23            Documents
    d-r--        2012/05/23     14:52            Downloads
    d-r--        2012/05/23     14:52            Favorites
    d-r--        2012/05/23     14:52            Links
    d-r--        2012/05/23     14:52            Music
    d-r--        2012/05/23     14:52            Pictures
    d-r--        2012/05/23     14:52            Saved Games
    d-r--        2012/05/23     14:52            Searches
    d-r--        2012/05/23     14:52            Videos
  • Select-String で キーワードを videos を指定し実行 Videosの行が全て表示されませんでした。
    PS C:\Users\sakura> Get-ChildItem | Select-String videos
    
    Videos

Get-ChildItemの出力に対しOut-Stringを使う

以下のようにOut-String -streamを使用し文字列として出力することにより、以下のように期待した動作になります。

PS C:\Users\sakura> Get-ChildItem | Out-String -stream | Select-String videos

d-r--        2012/05/23     14:52            Videos

スポンサーリンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:50:51 (1367d)