このエントリーをはてなブックマークに追加


ファイルを新規に作成しテキストを書き込むVBScriptサンプルコード

この資料はVBScriptを使用しテキストファイルを新規に作成しファイルにテキストを書き込むサンプルコードと実行結果を記します。


スポンサーリンク

関連記事

テキストファイルの新規作成およびテキスト書き込みのサンプルコードと実行結果

以下にテキストファイルを新規に作成し、作成したテキストファイルにテキストを書き込むVBScriptのサンプルコードと実行結果を記します。

サンプルコード

OpenTextFileメソッドとCreateTextFileメソッドを利用したサンプルコードを以下に記します。
下記のの2つのVBScriptサンプルコードはまったく同じ動作をします。

OpenTextFileメソッド使用例

Set fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Const ForReading = 1, ForWriting = 2, ForAppending = 8
Set tso = fso.OpenTextFile("text1.txt", ForWriting, true)
tso.Write("foo")
tso.WriteLine("bar")
tso.WriteBlankLines(1)
tso.WriteLine("hoge")
tso.Write("hello" + vbCrLf + "world" + vbCrLf)
tso.Close

OpenTextFileの引数のForWritingは書き込みを指定。
3番目の引数のtrueは、上書き指定となっています。

CreateTextFileメソッド使用例

Set fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set tso = fso.CreateTextFile("text2.txt", true)
tso.Write("foo")
tso.WriteLine("bar")
tso.WriteBlankLines(1)
tso.WriteLine("hoge")
tso.Write("hello" + vbCrLf + "world" + vbCrLf)
tso.Close

CreateTextFileの2つ目の引数trueはOpenTextFile同様に上書き指定となっています。

サンプルコードの実行結果

以下にサンプルコードの実行結果を記します。
ファイルに出力される結果は同じになります。

両VBScriptの動作説明

Scripting.FileSystemObjectを作成し、OpenTextFileメソッドまたは、 CreateTextFileメソッドを呼び出すことによりTextStreamオブジェクトが返却されます。
あとは、TextStreamオブジェクトのWrite, WriteLine, WriteBlankLinesを利用してテキストを出力しています。
また、改行定数であるvbCrLfによる改行も動作することを確認しています。

OpenTextFileメソッド使用サンプルコードの実行結果

C:\wsh>cscript /nologo write1.vbs

C:\wsh>type text1.txt
foobar

hoge
hello
world

CreateTextFileメソッド使用サンプルコードの実行結果

C:\wsh>cscript /nologo write2.vbs

C:\wsh>type text2.txt
foobar

hoge
hello
world

スポンサーリンク


添付ファイル: filewrite2.vbs 431件 [詳細] filewrite1.vbs 525件 [詳細] filetest.txt 30件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-08-03 (水) 14:01:45 (783d)