このエントリーをはてなブックマークに追加


VBScriptで文字列の長さを取得する・Len

Len関数を使用することにより、文字列変数の長さを取得することができます。
以下にLen関数を使用したサンプルコードを記します。
Windows 7を利用して動作確認をしました。



スポンサーリンク


Len関数のサンプル(文字数を返却)

  • Len関数のサンプルコード
    WScript.Echo "HELLO is " & Len("HELLO") & " characters."
    WScript.Echo "こんにちは is " & Len("こんにちは") & " characters."
  • サンプルコードの実行結果
    C:\wsh>cscript /nologo Len01.vbs
    HELLO is 5 characters.
    こんにちは is 5 characters.

半角のHELLO, 全角の「こんにちは」共に5と返却されます。

LenB関数のサンプル(バイト数を返却)

上記では全角でも文字数が返却されました。
LenB関数によりバイト数を返却させてみます。
以下のスクリプトを実行しましたが半角英字のバイト数が倍となって出力されていまいました。

  • サンプルコード
    WScript.Echo "HELLO is " & LenB("HELLO") & " bytes."
    WScript.Echo "こんにちは is " & LenB("こんにちは") & " bytes."
  • サンプルコードの実行結果
    C:\wsh>cscript /nologo Len02.vbs
    HELLO is 10 bytes.
    こんにちは is 10 bytes.

Excelなどで動作するVBAでLenB関数を実行したところ、HELLOは5が返却されました。
WSHでVBScriptを利用する場合、LenB関数は気をつけて使用する必要がありそうです。


添付ファイル: fileLen01.zip 215件 [詳細] fileLen02.zip 235件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:50:29