このエントリーをはてなブックマークに追加


既存ファイルをにテキストを追加書き込みするVBScriptサンプルコード

既存ファイルにテキストを追加書き込みするVBScriptのサンプルコードおよび実行結果を以下に記します。



スポンサーリンク


関連記事

既存ファイルへの追加書き込みサンプルコードおよび実行結果

以下に、既存ファイルへの追加書き込みを行うVBScriptのサンプルコードおよびサンプルコードの実行結果について記します。

追加書き込みサンプルコード

 1: Set fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
 2: Const ForReading = 1, ForWriting = 2, ForAppending = 8
 3: 
 4: ' Create Text File
 5: Set tso = fso.OpenTextFile("text.txt", ForWriting, true)
 6: tso.WriteLine("foo")
 7: tso.Close
 8: Set tso = Nothing
 9: 
10: ' Append
11: Set tso = fso.OpenTextFile("text.txt", ForAppending)
12: tso.WriteLine("bar")
13: tso.Close
14: Set tso = Nothing
15: 
16: Set fso = Nothing

5行目から7行目までは、新規にファイルを作成しfooを書き込んでいます。
11行目から13行目までは、ファイルを追加書き込みモードで開きbarを書き込んでいます。

追加書き込みサンプルコードの実行結果

新規にtext.txtファイルを作成しfooを書き込んだ後クローズし、再度追加書き込みモードでtext.txtをオープンしbarを追加書き込みした結果です。

C:\wsh>cscript /nologo append.vbs

C:\wsh>type text.txt
foo
bar


スポンサーリンク


添付ファイル: fileappend.vbs 642件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:50:28