このエントリーをはてなブックマークに追加


MsgBox関数で各種アイコンを表示する方法

MsgBox関数を使ってメッセージを表示することができますね。
アイコンも表示することができます。
この資料では、各種ボタンの選択とアイコンを選択したサンプルコードを紹介します。


スポンサーリンク

MsgBox関数の構文

MsgBox関数の構文は以下のようになります。
[ ]で囲まれた部分は省略可能を意味します。

MsgBox(prompt [, buttons, title, helpfile, context])

今回は省略不可なpromptとbuttonsにメッセージおよびbuttons(アイコンも含んでいる)を指定して各種サンプルコードを記します。

buttonsに設定する値

MsgBoxのbuttonsに指定する値は以下のものがあります。
例えば、[はい][いいえ] [キャンセル]ボタンを表示し注意メッセージアイコン表示を表示したい場合は、
vbYesNoCancel + vbExclamation と足し算すれば意図した動作になります。
既に足した数値(3 + 48)を直接指定してもかまいません。

定数説明
vbOKOnly0[OK]ボタン表示
vbOKCancel1[OK][キャンセル]ボタンを表示
vbAbortRetryIgnore2[中止][再試行][無視]ボタンを表示
vbYesNoCancel3[はい][いいえ][キャンセル]ボタンを表示
vbYesNo4[はい][いいえ]ボタンを表示
vbRetryCancel5[再試行][キャンセル]ボタンを表示
vbCritical16警告メッセージアイコン表示
vbQuestion32問い合わせメッセージアイコン表示
vbExclamation48注意メッセージアイコン表示
vbInformation64情報メッセージアイコン表示
vbDefaultButton10第1ボタンをデフォルトにする
vbDefaultButton2256第2ボタンをデフォルトにする
vbDefaultButton3512第3ボタンをデフォルトにする
vbDefaultButton4768第4ボタンをデフォルトにする
vbApplicationModal0アプリケーションモーダルに設定にする
vbSystemModal4096システムモーダルに設定する

サンプルコード

以下にいくつかのサンプルコードを記します。

[はい][いいえ] [キャンセル]ボタンを表示 + 注意メッセージアイコン表示

このサンプルコードでは、以下の値をbuttonsに指定します。
buttonsの指定は定数を指定しています。

vbYesNoCancel3[はい][いいえ][キャンセル]ボタンを表示
vbExclamation48注意メッセージアイコン表示
MsgBox "vbYesNoCancel + vbExclamation", vbYesNoCancel + vbExclamation
01.gif

[再試行][キャンセル]を表示 + 警告メッセージアイコン表示

このサンプルコードでは、以下の値をbuttonsに指定します。
定数を使用せず、値を直接足し算しています。

vbRetryCancel5[再試行][キャンセル]ボタンを表示
vbCritical16警告メッセージアイコン表示
MsgBox "vbRetryCancel + vbCritical", 5 + 16
02.gif

以上、MsgBox関数でアイコン表示やボタン種類の変更方法でした。


スポンサーリンク


添付ファイル: file01.gif 124件 [詳細] filemsg1.vbs 126件 [詳細] file02.gif 123件 [詳細] filemsg2.vbs 126件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:50:39 (1615d)