このエントリーをはてなブックマークに追加


CPUの情報をコマンドラインで調べる・Coreinfo

使用しているPCが64bit対応なのか、PAEサポートなのか、Intel-VTやAMD-Vの仮想化がサポートされているのかコマンドラインで簡単に調べる方法を以下に記します。


スポンサーリンク

関連記事

Windows SysinternalsからCoreinfoコマンドをダウンロード

Coreinfoは以下のURLからダウンロードすることができます。
http://technet.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/cc835722.aspx

coreinfo-01.gif

Coreinfoのインストール

ダウンロードしたzipファイルを解凍(展開)するだけです。
以下のスクリーンショットは、ダウンロードしたCoreinfoをデスクトップ上に展開しました。
Windows標準でついている機能でzipを解凍するか、解凍ソフトでダウンロードしたzipファイルを展開してださい。

coreinfo-02.gif

Coreinfoを使用してみる

コマンドプロンプトを起動して以下の手順でCoreinfoコマンドを実行しました。

  1. コマンドプロンプトを起動します。
  2. デスクトップに解凍したので、cdコマンドでデスクトップ上のCoreinfoフォルダに移動しました。
    cd Desktop\Coreinfo
  3. Coreinfo.exeを実行します。
    初めて実行した場合、以下のメッセージが出力されます。
    Agreeボタンをクリックします。
    coreinfo-03.gif

以下、出力内容です。(VM上のWindows 7上で実行した結果です。)

C:\Users\sakura>cd Desktop\Coreinfo

C:\Users\sakura\Desktop\Coreinfo>Coreinfo.exe

Coreinfo v3.1 - Dump information on system CPU and memory topology
Copyright (C) 2008-2012 Mark Russinovich
Sysinternals - www.sysinternals.com

Intel(R) Core(TM)2 Quad CPU    Q9550  @ 2.83GHz
Intel64 Family 6 Model 23 Stepping 10, GenuineIntel
HTT             *       Hyperthreading enabled
HYPERVISOR      -       Hypervisor is present
VMX             -       Supports Intel hardware-assisted virtualization
SVM             -       Supports AMD hardware-assisted virtualization
EM64T           *       Supports 64-bit mode

SMX             -       Supports Intel trusted execution
SKINIT          -       Supports AMD SKINIT

NX              *       Supports no-execute page protection
SMEP            -       Supports Supervisor Mode Execution Prevention
PAGE1GB         -       Supports 1 GB large pages
PAE             *       Supports > 32-bit physical addresses
PAT             *       Supports Page Attribute Table
PSE             *       Supports 4 MB pages
PSE36           *       Supports > 32-bit address 4 MB pages
PGE             *       Supports global bit in page tables
SS              -       Supports bus snooping for cache operations
VME             *       Supports Virtual-8086 mode
RDWRFSGSBASE    -       Supports direct GS/FS base access

FPU             *       Implements i387 floating point instructions
MMX             *       Supports MMX instruction set
MMXEXT          -       Implements AMD MMX extensions
3DNOW           -       Supports 3DNow! instructions
3DNOWEXT        -       Supports 3DNow! extension instructions
SSE             *       Supports Streaming SIMD Extensions
SSE2            *       Supports Streaming SIMD Extensions 2
SSE3            *       Supports Streaming SIMD Extensions 3
SSSE3           *       Supports Supplemental SIMD Extensions 3
SSE4.1          -       Supports Streaming SIMD Extensions 4.1
SSE4.2          -       Supports Streaming SIMD Extensions 4.2

<snip>

Logical Processor to Group Map:
**  Group 0

C:\Users\sakura\Desktop\Coreinfo>

Coreinfoの出力について

サポートされている場合は、*が表示され、サポートされていない場合は、-になっています。
仮想化の機能であれば、VMX, SVMをみればよいでしょう。

  • VMX Supports Intel hardware-assisted virtualization
  • SVM Supports AMD hardware-assisted virtualization 64bit対応のCPUかを見たい場合は、EM64Tを見ればよいでしょう。
  • EM64T Supports 64-bit mode Ubuntu12.04のインストールで必要になったPAEも確認することができます。
  • PAE Supports > 32-bit physical addresses

Coreinfoの各種オプション

Coreinfoの各種オプションは以下の通りです。(/?オプションを利用しました。)

C:\Users\sakura\Desktop\Coreinfo>coreinfo /?

Coreinfo v3.1 - Dump information on system CPU and memory topology
Copyright (C) 2008-2012 Mark Russinovich
Sysinternals - www.sysinternals.com

For each resource it shows a map of the OS-visible processors
that correspond to the specified resources, with '*' representing the
applicable processors. For example, on a 4-core system, a line in the
cache output with a map of shared by cores 3 and 4.

Usage: coreinfo [-c][-f][-g][-l][-n][-s][-m][-v]
  -c       Dump information on cores.
  -f       Dump core feature information.
  -g       Dump information on groups.
  -l       Dump information on caches.
  -n       Dump information on NUMA nodes.
  -s       Dump information on sockets.
  -m       Dump NUMA access cost.
  -v       Dump only virtualization-related features including
           support for second level address translation
           (requires administrative rights on Intel systems).

All options except -v are selected by default.

スポンサーリンク


添付ファイル: filecoreinfo-03.gif 229件 [詳細] filecoreinfo-01.gif 232件 [詳細] filecoreinfo-02.gif 168件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:50:26 (1308d)