このエントリーをはてなブックマークに追加


Windowsロゴキーが無いPCのためにコンピュータのロックを実現するショートカットを作成する方法

Windowsロゴキー + L ボタンでコンピュータのロックが簡単に行うことができます。
席から離れる時など、セキュリティ強化のためにロックをしてください。などの環境が増えています。
しかし、愛用しているキーボードにWindowsロゴキーが無い場合、いちいちマウス操作などのでコンピュータのロックをするのは少々面倒です。
今回はショートカット(ショートカットファイル)によりコンピュータのロックを実現します。
また、ショートカット(ショートカットファイル)にはショートカットキーも割り当てることができますので、
ショートカットキーの割り当ても以下に記します。
(本資料はWindows7, Windows8で動作確認をしました。)



スポンサーリンク


コンピュータのロックを行うショートカットを作成する手順

以下の手順でコンピュータのロックを行うショートカットキーを作成することができます。

  1. デスクトップ上の何も無いところでマウスを右クリックします。
  2. 新規作成->ショートカットをクリックします。
    01.gif
     
  3. ショートカットの作成画面が表示されます。
  4. 以下の文字列を入力します。
    rundll32.exe user32.dll ,LockWorkStation
  5. 次へボタンを押します。
    02.gif
     
  6. ショートカットの名前を入力します。
    わかりやすい名前を入力してください。
  7. 完了ボタンを押せば、コンピュータのロックのショートカットがデスクトップに作成されます。
    03.gif
     
  8. デスクトップに作成されたショートカットを実行すれば、Windowsロゴキー + L でコンピュータのロックを行ったのと同様の状態になります。

ショートカットのファイルにショートカットキーを登録する

作成したコンピュータのロックのショートカットファイルのプロパテイを確認するとショートカットタブにショートカットキーの設定項目があります。 ここにショートカットキーを登録すれば、マウスでショートカットアイコンをクリックしなくてもコンピュータのロックが可能になります。

04.gif
 

実際に以下のように設定すれば、Ctrl + Shift + Lでコンピュータのロックが可能になります。
設定方法は、ショートカットキー(K)にフォーカスを移動しCtrl + Shfit + Lボタンを押してください。
以下のスクリーンショットのように登録されます。
OKボタンを押せば設定完了です。

05.gif

以上、コンピュータのロックのショートカットを作成する方法でした。



スポンサーリンク

添付ファイル: file05.gif 334件 [詳細] file04.gif 340件 [詳細] file01.gif 376件 [詳細] file02.gif 419件 [詳細] file03.gif 359件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:49:47