このエントリーをはてなブックマークに追加


WIndows 8でISOディスクイメージファイルをディスクに書き込む手順

Windows 8になってからISOイメージファイル書き込みソフト不要でディスクに書き込みことが可能になりました。
つまり、Windows8ではISOディスクイメージファイルを書き込む機能が標準搭載されました。
以下に、操作手順を記します。


スポンサーリンク

関連資料

Windows8以外の場合は、以下のImgBurnが参考になると思います。

ISOファイルを右クリックしてディスクイメージを書き込むだけでOK

以下の操作によりISOイメージをディスクに書き込むことができます。

  1. ISOイメージを選択し右クリックします。
  2. ディスクイメージの書き込みがメニュー内にあるので、クリックします。
    01.gif
     
  3. Windowsディスクイメージ書き込みツール画面が表示されるので、書き込みドライブ、
    書き込み後のディスク確認の要不要のチェックボックスを設定し、書き込みボタンを押せばディスクへの書き込みが開始されます。
    02.gif

ディスクイメージ書き込みが表示されな場合の対処

ディスクイメージ書き込みが表示されない可能性として、拡張子ISOに関連付けられたソフトウェアにより表示されていない可能性がります。
以下の手順で拡張子ISOのアプリケーションを変更することができます。

  1. ISOファイルにマウスカーソルを移動します。
  2. 右クリックを押しプロパティをクリックします。
  3. プロパティ画面が表示されるので全般タブになっていることを確認します。
  4. 変更ボタンを押します。
    03.gif
     
  5. 以下のような画面が表示されるので、isoを開くアプリをエクスプローラーにすれば完了です。
    04.gif

以上、ISOディスクイメージファイルをディスクに書き込む操作手順でした。


スポンサーリンク


添付ファイル: file04.gif 1494件 [詳細] file03.gif 1012件 [詳細] file02.gif 815件 [詳細] file01.gif 1074件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:50:18 (1339d)