このエントリーをはてなブックマークに追加


ネットワークインターフェースの統計情報を表示する

netstatコマンドの-e, -sオプションにより、ネットワークの統計情報を表示することができます。
送受信バイト数やエラーパケット数、再送信などの情報を確認することができます。

以下に netstat コマンドを使用した例を記します。


スポンサーリンク

netstat -e

netstatの-eオプションによりイーサネットの統計情報が表示されます。

C:\>netstat -e
インターフェイス統計

                                受信             送信

バイト                            24144329         9305952
ユニキャスト パケット                46729           44593
ユニキャスト以外のパケット             833           16041
破棄パケット                             0               0
エラー パケット                          0               0
不明なプロトコル パケット                0

netstat -s

プロトコルごとの統計を表示します。 IP、IPv6、ICMP、ICMPv6、TCP、TCPv6、UDP、UDPv6の統計が表示されます。

C:\>netstat -s

IPv4 統計

  受信したパケット                 = 299484
  受信したヘッダー エラー          = 0
  受信したアドレス エラー          = 0
  転送されたデータグラム           = 0
  受信した不明プロトコル           = 0
  受信後に破棄されたパケット       = 4324
  受信後に配信されたパケット       = 302984
  出力要求                         = 223825
  ルーティング破棄                 = 0
  破棄された送信パケット           = 1
  ルートのない送信パケット         = 24
  再構築が必要                     = 0
  再構築                           = 0
  再構築エラー                     = 0
  正常に断片化されたデータグラム   = 0
  断片化できなかったデータグラム   = 0
  作成された断片                   = 0

IPv6 統計

  受信したパケット                 = 18744
  受信したヘッダー エラー          = 0
  受信したアドレス エラー          = 0
  転送されたデータグラム           = 0
  受信した不明プロトコル           = 0
  受信後に破棄されたパケット       = 3263
  受信後に配信されたパケット       = 22453
  出力要求                         = 27108
  ルーティング破棄                 = 0
  破棄された送信パケット           = 28
  ルートのない送信パケット         = 27
  再構築が必要                     = 0
  再構築                           = 0
  再構築エラー                     = 0
  正常に断片化されたデータグラム   = 0
  断片化できなかったデータグラム   = 0
  作成された断片                   = 0

ICMPv4 統計

                            受信    送信
  メッセージ                6           14
  エラー                    0           0
  宛先到達不可              3           14
<以下、省略>

netstat -p を使ってプロトコルを指定する

netstatの-pオプションを使用することにより、netstat -sで表示されたプロトコルを指定することができます。 オプション-pに指定できるプロトコルは以下の通りです。
TCP、UDP、TCPv6、UDPv6 オプション-sと併用することにより、以下のプロトコルを指定することができます。
IP、IPv6、ICMP、ICMPv6、TCP、TCPv6、UDP、UDPv6

以下、-sオプションを併用してIPv4の統計情報を表示してみます。

C:\>netstat -es -p IP
インターフェイス統計

                                受信             送信

バイト                            25128592        10086955
ユニキャスト パケット                51629           49717
ユニキャスト以外のパケット            1918           16193
破棄パケット                             0               0
エラー パケット                          0               0
不明なプロトコル パケット                0

IPv4 統計

  受信したパケット                 = 299876
  受信したヘッダー エラー          = 0
  受信したアドレス エラー          = 0
  転送されたデータグラム           = 0
  受信した不明プロトコル           = 0
  受信後に破棄されたパケット       = 4358
  受信後に配信されたパケット       = 303380
  出力要求                         = 224167
  ルーティング破棄                 = 0
  破棄された送信パケット           = 1
  ルートのない送信パケット         = 24
  再構築が必要                     = 0
  再構築                           = 0
  再構築エラー                     = 0
  正常に断片化されたデータグラム   = 0
  断片化できなかったデータグラム   = 0
  作成された断片                   = 0

以上、netstatコマンドを使用してネットワークインターフェースの統計情報を表示する方法でした。


スポンサーリンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-10-27 (火) 19:25:57 (972d)