#navi(../)
* お知らせ [#acdee03d]
2012/12/08に仮想ハードディスクを使用しVirtualBox上でUbuntu12.04を起動する資料を作成しました。~
これは、Ubuntu Japanese TeamでUbuntu12.04がインストール済みの仮想ハードディスクのファイルが公開されています。~
このファイルを使用すれば、Ubuntuのインストール作業不要で公開されている仮想ハードディスクイメージをVirtualBoxで設定すれば、~
すぐにUbuntuを試すことができます。~
詳細は以下のリンク記事を確認してください。
-[[VirtualBoxでUbuntu12.04の仮想ハードディスクイメージを動かしてみる>仮想化関連ソフト/VirtualBoxでUbuntu12.04の仮想ハードディスクイメージを動かしてみる]]

#htmlinsertpcsp(win-top.html,win-sp.html)


* Windowsの仮想化ソフトでUbuntuを動かそう [#a93d6a5a]
''作成日 2010/1/10''~
仮想化ソフトVirtualBoxを利用してLinuxの中でも人気のあるUbuntuを動かしてみます。~

''修正日 2011/4/27''~
ダウンロード先をOracle VM VirtualBoxに変更。~
基本的なセットアップ方法は変わらないので内容は変更していません。~
Sunとなっているところを読みかえてください。

''修正日 2012/11/3''~
Guest Additionsのインストールに追記。~

#contents

*関連資料 [#w97c78bf]
-[[VirtualBoxでCentOS6を動かそう>仮想化関連ソフト/VirtualBoxでCentOS6を動かそう]]
-[[VirtualBoxでUbuntu12.04の仮想ハードディスクイメージを動かしてみる>仮想化関連ソフト/VirtualBoxでUbuntu12.04の仮想ハードディスクイメージを動かしてみる]]

[[linux.just4fun.bizの記事>http://linux.just4fun.biz]]
-[[VirtualBoxでホストオンリーネットワークアダプタが未選択になる場合の対処>http://linux.just4fun.biz/%E4%BB%AE%E6%83%B3%E5%8C%96%E9%96%A2%E9%80%A3/VirtualBox%E3%81%A7%E3%83%9B%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%83%80%E3%83%97%E3%82%BF%E3%81%8C%E6%9C%AA%E9%81%B8%E6%8A%9E%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E5%A0%B4%E5%90%88%E3%81%AE%E5%AF%BE%E5%87%A6.html]]

* VirtualBoxとは [#gddfcf50]
1つのハードウェア上で複数のOSを動作させることができるソフトウェアです。~
%%Sun VirtualBoxのページ%%~
%% http://jp.sun.com/products/software/virtualbox/ %%~
Oracle VM VirtualBoxダウンロードページ~
http://www.oracle.com/technetwork/server-storage/virtualbox/downloads/index.html

#ref(virtualbox-01.gif)
#br
Sun VirtualBoxは個人目的、教育目的、評価目的の場合は無償で利用できますと記述されていました。

VirtualBox OSE(Open Source Edition)があります。これはオープンソース版のVirtualBoxになります。~
http://www.virtualbox.org/
#ref(virtualbox-02.gif)
#br
OSE版はUSBがサポートされていないなどの違いがあります。~
詳しい違いに関してはVirtualBoxサイトを見てみてください。~
http://www.virtualbox.org/wiki/Editions

** VirtualBoxの入手 [#z1b0686d]
以下のURLよりダウンロードすることができます。~
%% http://jp.sun.com/products/software/virtualbox/get.html %%~
http://www.oracle.com/technetwork/server-storage/virtualbox/downloads/index.html

#ref(virtualbox-03.gif)
#br
Sun VirtualBox, Sun VirtualBox Open Source Editionの2つをダウンロードするこができるので、ライセンスに従いどちらかをダウンロードしてください。
#br
このページを見ている方は主に個人利用だと思いますのでUSBがサポートされているSun VirtualBoxの方が便利だと思います。

OSE版は以下のURLからバイナリをダウンロードすることができます。~
http://www.virtualbox.org/wiki/Downloads
#ref(virtualbox-04.gif)
#br

** VirtualBoxのインストール [#x1f85331]

ダウンロードしたVirtualBoxセットアッププログラム&ref(virtualbox-05.gif);を起動します。~
セキュリティ警告が表示された場合は「実行」ボタンを押します。~
セットアッププログラムの起動画面です。
#ref(virtualbox-06.gif)
#br

「Next」ボタンを押していくと以下の画面が表示されます。インストール中にネットワークインターフェイスを停止させ接続が切れるといっています。~
何かネットワークを利用しているプログラムを起動している場合は停止させ、
「Next」ボタンを押してください。
#ref(virtualbox-07.gif)
#br

インストール中に以下のメッセージが表示される場合があります。~
「インストール(I)」を押すか、「Sun Microsystems, Inc.からのソフトウェアを常に信頼する(A)」にチェックを入れ「インストール(I)」を押します。
#ref(virtualbox-08.gif)
#br

VirtualBox登録ダイアログが表示されるので必要に応じて登録してください。
#ref(virtualbox-09.gif)
#br

* Ubuntuの入手 [#k019322f]
[[Ubuntu>http://www.ubuntulinux.jp/]]ではVirtualBox向けイメージを公開していますが本記事の作成時では8.04LTSが最新だったので、最新の9.10のisoイメージを取得することにします。~
以下のページからisoファイルを入手します。

http://www.ubuntulinux.jp/products/JA-Localized/download

本記事で利用したのは日本語Remix CDのisoイメージになります。&ref(virtualbox-11.gif);
#ref(virtualbox-10.gif)
#br

* VirtualBoxを起動し新規仮想マシンを作成する。 [#m300ca93]
+VirtualBoxを起動します&ref(virtualbox-12.gif);
+新規(N)をクリックします
#ref(virtualbox-13.gif)
#br
+新規仮想マシン作成ウイザード画面が表示されるのでメッセージに従い仮想マシンを作成します~
#ref(virtualbox-14.gif)
#br
+仮想マシン名とOSタイプを設定します~
今回はUbuntuをインストールするので以下のように設定しました。~
名前については仮想マシン名なのでubuntuである必要はありません。
|名前|ubuntu|
|オペレーティングシステム|Linux|
|バージョン|Ubuntu|
#ref(virtualbox-15.gif)
#br
+メモリの設定を行います~
今回使用したマシンはWindows7でメモリは2Gでしたので512M程度を割り当てました。
#ref(virtualbox-16.gif)
#br
+新規ハードディスクの作成を行います~
初めてのインストールなので以下の設定で次に進みます。
#ref(virtualbox-17.gif)
#br
+新規仮想ディスクウイザードが起動します
#ref(virtualbox-18.gif)
#br
+ハードディスクのストレージタイプを選択します~
本記事では可変サイズのストレージを選択し次に進みました。
#ref(virtualbox-19.gif)
#br
+仮想ディスクの場所とサイズを設定します~
本記事では場所はデフォルトのままでサイズを40G程度としました。
#ref(virtualbox-20.gif)
#br
+新規仮想ディスクの作成を完了します
#ref(virtualbox-21.gif)
#br
+新規仮想マシンの作成を完了します
#ref(virtualbox-22.gif)
#br
+仮想環境の完成
#ref(virtualbox-23.gif)
#br

** Ubuntuのisoイメージを設定 [#d93e32e6]

+仮想マシンを起動します~
起動(T)をクリックし仮想マシンを起動します。
#ref(virtualbox-23.gif)
#br
以下のメッセージが表示されます。~
これはホストマシンと仮想マシンのフォーカスを移動する場合右側のCtrlボタンによりフォーカスが変わることを言っています。~
OKを押して進みます。
#ref(virtualbox-24.gif)
#br
+初回ウイザードが表示されます
#ref(virtualbox-25.gif)
#br
+インストールメディアを選択します~
isoイメージを利用するのでメディア種別はCD/DVD-ROMデバイスを選択しダウンロードしたisoイメージを選択します。~
&ref(virtualbox-27.gif);をクリックしダウンロードしたisoイメージを選択します。
#ref(virtualbox-26.gif)
#br
追加(A)クリックしダウンロードしたisoファイルを選択します。
#ref(virtualbox-28.gif)
#br
選択が終わると以下のように表示されるので次に進みます。
#ref(virtualbox-29.gif)
#br
+初回起動ウイザードの完了
#ref(virtualbox-30.gif)
#br

* Ubuntuのインストール [#tab82a8a]
初回起動ウイザードの完了画面が表示され完了ボタンを押すと下図のようにUbuntuのインストールが開始されます。~
#ref(virtualbox-31.gif)
#br
以下のようなメッセージが表示されますが後で設定できるのでOKを押し進みます。
#ref(virtualbox-32.gif)
#br

+Ubuntuをインストール(I)を選択
カーソルでUbuntuをインストール(I)を選択しEnterキーを押すとインストールが始まります。~
下図はインストール中の画面です。~
Ubuntuのインストールは割愛します。
#ref(virtualbox-33.gif)
#br
+インストール完了時、以下のメッセージが表示されるので、インストールで使用したisoイメージのマウントを外します。(インストールディスクを取り出すのと同じ意味になります)
#ref(virtualbox-34.gif)
#br

* Guest Additionsのインストール [#p61c185e]


%%&color(red){ゲストOSがUbuntuだと勝手にVirtualBoxのドライバがインストールする旨のメッセージが表示されました。&br;したがって、シームレスモードやフルスクリーンモードが使用できるようであれば、以下の手順を踏んでGuest Additionsをインストールする必要はありません。};%%

&color(red){追記&br;システム設定の追加のドライバーアイコンをクリックすると、Guest addition modulesをインストール(有効)にすることができます。};~
&color(red){上行の手順でGuest addition modulesをインストールしても構いませんし、追加するドライバーのメッセージが表示された場合は、インストール(有効)にしてください。};

以下は、手動でGuest addition modulesをインストールした手順です。~
上記手順にインストールされた場合は、不要な手順です。

ファイル共有やシームレスモード、フルスクリーンモードなどGuest Additionsをインストールすると使用できるようになります。~
-デバイス(D)→「Guest Additionsのインストール(I)」を選択します。、
#ref(virtualbox-35.gif)
#br
-ディスクとしてマウントされた状態になるので「OK(O)」ボタンを押します。
#ref(virtualbox-36.gif)
#br
-端末を起動し以下のコマンドを実行します。
 cd /media/cdrom
 sudo ./VBoxLinuxAdditions-x86.run
パスワードを聞いてくるのでインストール時に設定したパスワードを入力します。
#ref(virtualbox-37.gif)
#br
インストール終了画面です。
#ref(virtualbox-38.gif)
#br
-Guest Additionsのisoイメージをアンマウントします。~
端末を閉じ、下図のようにディスクイメージにマウスカーソルを移動し右クリックを押します。~
アンマウントを選択します。
#ref(virtualbox-39.gif)
#br
「デバイス(D)」→CD/DVDデバイス(C)を選択しVBoxGuestAdditions.isoのチェックを外します。
#ref(virtualbox-40.gif)
#br
-Guest Additionsを有効化するために再起動します。
#ref(virtualbox-41.gif)
#br

**通常起動 [#r01addd5]
#ref(virtualbox-45.gif)
#br

**シームレスモード [#m78c38e0]
Windows 7とUbuntu9.10の両方ウインドウが混在表示されています。~
これは「ホストキー+L」で表示できます。もう一度「ホストキー+L」を押すと解除されます。
#ref(virtualbox-46.gif)
#br

**フルスクリーンモード [#rf65dfe9]
最大表示になります。~
これは「ホストキー+F」で表示できます。もう一度「ホストキー+F」を押すと解除されます。
#ref(virtualbox-47.gif)
#br

* VirtualBoxの各種設定 [#r5797712]
本設定時はゲストを停止しておく必要があります。
**ビデオメモリの設定 [#e4e4f807]
+ディスプレイをクリックします。
#ref(virtualbox-42.gif)
#br
+ビデオメモリ容量の設定を行います。
#ref(virtualbox-43.gif)
#br
**共有フォルダの設定 [#h269c6d4]
VirtualBoxが提供している共有ファイル設定を行います。
+共有フォルダをクリックします。
#ref(virtualbox-48.gif)
#br
+ホストマシン(Windows)上の共有したいフォルダを選択します。
#ref(virtualbox-49.gif)
#br
今回、C:\vbshareを共有としてみました。
#ref(virtualbox-50.gif)
#br
** ファイル共有 [#b8776907]
-ゲスト側の共有フォルダを作成~
/media/vbshareに共有フォルダ用のディレクトリを作成
 sudo mkdir /media/vbshare
-共有方法~
ファイルシステムをvboxsfにし、ホスト側で設定した共有フォルダ名(vbshare)を設定しマウントします。
 sudo mount -t vboxsf vbshare /media/vbshare
#ref(virtualbox-51.gif)
#br
-共有解除方法
以下のコマンドで共有の解除をします。
 sudo umount vbshare


#br
#htmlinsertpcsp(win-btm.html,win-sp.html)
#br

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS