このエントリーをはてなブックマークに追加


コマンドプロンプトでNTPによる時刻同期を手動同期する操作方法・w32tm

コマンドプロンプトでw32tmコマンドを使用し、NTPにアクセスし時刻を手動同期する方法を以下に記します。


スポンサーリンク

関連記事

w32tmコマンドを使用したインターネット時刻手動同期操作手順

以下の操作によりw32tmコマンドによりインターネット時刻同期を手動で行うことができます。

  1. コマンドプロンプトを管理者で起動します。
  2. 以下のコマンドを実行します。
    w32tm /resync /nowait
  3. 実行した出力結果は以下の通り
    C:\WINDOWS\system32>w32tm /resync /nowait
    再同期コマンドをローカル コンピューターに送信しています
    コマンドは正しく完了しました。

以上の操作によりインターネット時刻の手動同期ができます。

w32tmコマンドのヘルプ抜粋

上記の操作方法で使用したオプションの説明は以下の通りです。

C:\WINDOWS\system32>w32tm /?

<省略>

w32tm /resync [/computer:<コンピューター>] [/nowait] [/rediscover] [/soft]
  蓄積したエラー統計をすべて削除して今すぐ時刻の同期をとり直すように
  コンピューターに指示します。
  computer:<コンピューター>
                - 同期をとり直すコンピューターです。指定がない場合は、ローカル
                  コンピューターに適用されます。
  nowait        - 同期の再実行を待たずにすぐに返します。指定がない場合は、
                  同期の再実行の完了を待ってから返します。
  rediscover    - ネットワーク構成を再検出し、ネットワーク ソースを再発見
                  してから、同期をとり直します。
  soft          - 既存のエラー統計を使って同期をとり直します。互換性のために
                  用意されたもので、あまり有効ではありません。
<省略>

他にもいろいろなオプションがあるので、時刻同期をする方はw32tmコマンドを調査するとよいかもしれません。


スポンサーリンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:49:34 (1132d)