このエントリーをはてなブックマークに追加


乱数を発生させる・任意の範囲の乱数を発生させる

コマンドプロンプトで乱数の発生と指定した範囲(任意の範囲)の乱数を発生させる方法を以下に記します。
尚、当サイトの資料により直接的および間接的障害が生じても一切責任を負いません。 あらかじめご了承ください。自己責任のもとで本資料をご利用ください。


スポンサーリンク

関連資料

%RANDOM%環境変数

環境変数%RANDOM%を利用することにより乱数を使用することができます。
RAMDOM環境変数は、0~32767の範囲で乱数を発生させます。

以下に実行例を記します。

c:\Users\sakura>echo %RANDOM%
3970

c:\Users\sakura>echo %RANDOM%
494

c:\Users\sakura>echo %RANDOM%
1008

c:\Users\sakura>echo %RANDOM%
11272

c:\Users\sakura>echo %RANDOM%
15253

c:\Users\sakura>echo %RANDOM%
32481

指定した範囲の乱数を発生させる

以下に、指定した範囲(任意の範囲)の乱数を発生させる方法を記します。

乱数 0~10 を発生させる

以下のように%RANDOM%の値を11倍し、32768で割っています。

set /a R=%RANDOM%*11/32768
  • 実行結果
    c:\Users\sakura>set /a R=%RANDOM%*11/32768
    0
    c:\Users\sakura>set /a R=%RANDOM%*11/32768
    9
    c:\Users\sakura>set /a R=%RANDOM%*11/32768
    5
    c:\Users\sakura>set /a R=%RANDOM%*11/32768
    9
    c:\Users\sakura>set /a R=%RANDOM%*11/32768
    1

乱数 0~100 を発生させる

以下のように%RANDOM%の値を101倍し、32768で割っています。

set /a R=%RANDOM%*101/32768
  • 実行結果
    c:\Users\sakura>set /a R=%RANDOM%*101/32768
    22
    c:\Users\sakura>set /a R=%RANDOM%*101/32768
    43
    c:\Users\sakura>set /a R=%RANDOM%*101/32768
    35
    c:\Users\sakura>set /a R=%RANDOM%*101/32768
    94
    c:\Users\sakura>set /a R=%RANDOM%*101/32768
    68

スポンサーリンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:49:25 (1187d)