このエントリーをはてなブックマークに追加


指定した秒数の間、メッセージを表示する・timeout

timeoutコマンドを使うと以下のようなことができます。

バッチファイル終了時、指定した時間メッセージを表示しコマンドプロンプトのコンソールを閉じる。
PAUSEコマンドの場合、入力待ちになりますよね。
TIMEOUTコマンドでは時間を指定することができます。


スポンサーリンク

timeoutコマンド実行時のアニメーションGIF

以下は、バッチファイルに以下のスクリプトを記述し実行したときのキャプチャです。

timeout /t 3

バッチファイルを起動し、3秒後にコマンドプロンプトのコンソールが閉じられます。

 
timeout.gif
 

timeoutコマンドの使用例

timeoutコマンドの使用例をいくつか紹介します。
timeoutコマンドのヘルプを確認する場合は、以下のコマンドを実行してください。

timeout /?

指定した時間またはキー入力されるまで待つ

指定した秒数またはキーボードを押されるまで待つ場合は、以下の構文になります。

timeout /t 秒数

例:10秒待つ

timeout /t 10

任意のメッセージを表示し、指定した時間またはキー入力されるまで待つ

任意のメッセージを表示し、指定した秒数またはキー入力されるまで待つ場合の構文は以下の通りです。
尚、timeoutコマンドにメッセージを指定する引数はないのでメッセージをNULにリダイレクトして実現します。
メッセージが「あいうえお」で10秒またはキーが押されるまで待つ場合の構文です。

echo "あいえうお"
timeout /t 10 > NUL

指定時間待つのみでキー入力は不可とする場合

上記では、指定秒数または、キーが押されるまで待つ例を記しました。
キー入力を無視したい場合は、/NOBREAK 引数を使用します。

timeout /t 秒数 /NOBREAK

以下の例は、10秒待ちになります。

timeout /t 10 /NOBREAK

キー入力待ちのみとする場合

PAUSEコマンドを使用すると思いますが、TIMEOUTコマンドでも同様の動作を実現できます。

timeout /t -1

待ち秒数に-1を指定するとキー入力待ちとなります。

以上、指定した秒数待つことができるtimeoutコマンドの紹介でした。


スポンサーリンク


添付ファイル: filetimeout.gif 39件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-08-17 (土) 17:11:51 (96d)