このエントリーをはてなブックマークに追加


Windows Terminalのフォント変更手順

Windows Terminal が Microsoft Storeでリリースされていますね。

t.png

本記事は Windows Terminal のフォントを変更する手順を以下に記します。
フォント変更は、Visual Studio CodeのようにJSONファイルを変更することになります。


使用環境

  • Windows 10 バージョン 21H2
  • Windows ターミナル バージョン: 1.14.1962.0

関連記事

設定画面を開き settings.json ファイルを編集する

以下の手順でフォントを変更します。
本資料で使用したフォントは、Migu 2Mになります。
Miguフォントは以下のリンクを参照ください。
https://mix-mplus-ipa.osdn.jp/migu/

  1. Windows Terminal を起動し赤で囲んだ部分をクリックし設定をクリックします。
     
    00.png
     
  2. 歯車アイコンの「JSONファイルを開く」をクリックします。
    設定ウインドウが小さい場合は歯車アイコンのみ表示されます。
     
    01.png
     
  3. jsonファイルを開くアプリケーションが設定されていない場合は、以下画面が表示されます。
     
    メモ帳または、テキストエディタがインストール済みの場合はテキストエディタを選択してください。
    Visual Studio CodeやVisual Studio がインストールされている場合、JSONファイルと紐づけされているため起動されると思います。
    02.png
     
  4. 追加した記述は、赤色で囲んだ部分になります。
     
    03.png
     
    フォント名とフォントサイズを指定しています。
    以下、抜粋
       "profiles": 
       {
           "defaults": 
           {
               "font": 
               {
                   "face": "Migu 2M",
                   "size": 12
               }
           },
           "list": 
           [
     
  5. 以下のキャプチャの通り、フォントとフォントサイズが変更されました。
    04.png
     

以上、Windows Terminalのフォント変更手順でした。


添付ファイル: file03.png 16件 [詳細] file01.png 14件 [詳細] file00.png 20件 [詳細] filet.png 220件 [詳細] file04.png 245件 [詳細] file02.png 179件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-07-28 (木) 13:38:15