このエントリーをはてなブックマークに追加


ファイルやディレクトリ一覧を表示するdirコマンド

dirコマンドはファイルやディレクトリの一覧を表示するコマンドです。
ファイルの属性やファイル一覧をソートして表示することができます。
以下に一般的な使用方法を記述します。


スポンサーリンク

関連記事

ファイル一覧の表示

dirコマンドを利用してファイル一覧を表示してみます。

dir オプションなし

ファイルとディレクトリ<DIR>の一覧が表示されます。

C:\Windows>dir
 ドライブ C のボリューム ラベルは win7hdd です
 ボリューム シリアル番号は ABCD-EF12 です

 C:\Windows のディレクトリ

2012/04/22  01:50    <DIR>          .
2012/04/22  01:50    <DIR>          ..
2009/09/21  14:30                33 0
2008/12/23  16:49                 0 Acer.tag
2009/07/14  14:32    <DIR>          addins
2009/07/14  12:20    <DIR>          AppCompat
2011/08/12  12:27    <DIR>          AppPatch
2010/11/20  05:24            71,168 bfsvc.exe
2009/07/14  14:32    <DIR>          Boot
<以下省略>

ファイル名の一部を指定

aから始まるファイルまたはディレクトリを表示
C:\Windows>dir a*
 ドライブ C のボリューム ラベルは win7hdd です
 ボリューム シリアル番号は ABCD-EF12 です

 C:\Windows のディレクトリ

2008/12/23  16:49                 0 Acer.tag
2009/07/14  14:32    <DIR>          addins
2009/07/14  12:20    <DIR>          AppCompat
2011/08/12  12:27    <DIR>          AppPatch
               1 個のファイル                   0 バイト
               3 個のディレクトリ  89,344,872,448 バイトの空き領域

ファイル名またはディレクトリ名のみ表示

/bオプションによりファイル作成日時やファイルサイズは表示されず、ファイル名とディレクトリ名のみ表示されます。

C:\Windows>dir /b a*
Acer.tag
addins
AppCompat
AppPatch

ファイル検索

/sオプションによりサブフォルダも含めたファイル検索が可能になります。
以下の例は、拡張子txtファイルを検索し出力されます。

C:\Windows>dir *.txt /s
 ドライブ C のボリューム ラベルは win7hdd です
 ボリューム シリアル番号は ABCD-EF12 です

 C:\Windows のディレクトリ

2009/09/21  10:47                10 CSUP.TXT
2008/01/02  13:36               558 diskinfo.txt
2008/05/14  17:10                18 listvol.txt
2009/12/30  22:53            17,485 PrimoPDF Setup Log.txt
               4 個のファイル              18,071 バイト

 C:\Windows\ehome\ja-JP のディレクトリ

2009/07/14  19:48            18,170 epgtos.txt
2009/07/14  19:48             8,540 playready_eula.txt
2009/07/14  19:48            14,294 playReady_eula_oem.txt
               3 個のファイル              41,004 バイト
<以下省略>

/bオプションを付けて検索したほうがシンプルな表示形式になります。

C:\Windows>dir *.txt /s/b
C:\Windows\CSUP.TXT
C:\Windows\diskinfo.txt
C:\Windows\listvol.txt
C:\Windows\PrimoPDF Setup Log.txt
<以下省略>

ディレクトリのみ表示したい場合

/adオプションによりディレクトリのみの出力になります。

C:\Windows>dir /ad
 ドライブ C のボリューム ラベルは win7hdd です
 ボリューム シリアル番号は ABCD-EF12 です

 C:\Windows のディレクトリ

2012/04/22  01:50    <DIR>          .
2012/04/22  01:50    <DIR>          ..
2009/07/14  14:32    <DIR>          addins
2009/07/14  12:20    <DIR>          AppCompat
2011/08/12  12:27    <DIR>          AppPatch
2012/04/15  22:44    <DIR>          assembly
2009/07/14  14:32    <DIR>          Boot
2009/07/14  14:32    <DIR>          Branding
<以下省略>

シンプルな表示形式にしたい場合は、ここでも/bオプションを利用します。

C:\Windows>dir /ad /b
addins
AppCompat
AppPatch
assembly
Boot
Branding
Cursors
debug
<以下省略>

ファイルのみ表示したい場合

/a-dオプションによりディレクトリを除いた表示になります。

C:\Windows>dir /a-d
 ドライブ C のボリューム ラベルは win7hdd です
 ボリューム シリアル番号は ABCD-EF12 です

 C:\Windows のディレクトリ

2009/09/21  14:30                33 0
2008/12/23  16:49                 0 Acer.tag
2010/11/20  05:24            71,168 bfsvc.exe
2012/04/22  01:12            67,584 bootstat.dat
2009/09/21  10:47                10 CSUP.TXT
2010/10/23  14:22            31,778 DirectX.log
<以下省略>

シンプルな表示形式にしたい場合は、ここでも/bオプションを利用します。

C:\Windows>dir /a-d /b
0
Acer.tag
bfsvc.exe
bootstat.dat
CSUP.TXT
DirectX.log
diskinfo.txt
DPINST.LOG
DtcInstall.log
<以下省略>

ファイル名、ディレクトリ名を横に表示する

/wオプションによりファイル一覧を横に表示することができます。

C:\Users\sakura>dir /w
 ドライブ C のボリューム ラベルは win7hdd です
 ボリューム シリアル番号は ABCD-EF12 です

 C:\Users\sakura のディレクトリ

[.]                   [..]                  [.gimp-2.6]
.recently-used.xbel   [.thumbnails]         [.VirtualBox]
[Contacts]            [Desktop]             [Documents]
[Downloads]           [Favorites]           [Links]
[Music]               NTUSER.DAT            [Pictures]
[Saved Games]         [Searches]            [Videos]
               2 個のファイル           1,061,142 バイト
              16 個のディレクトリ  89,339,678,720 バイトの空き領域

ファイルのソート

以下のオプションによりファイルのソート表示ができます。

ソートの種類昇順降順
ファイル名またはディレクトリ名/on/o-n
ファイルサイズ/os/o-s
拡張子/oe/o-e
ファイル日時/od/o-d
拡張子順 (アルファベット)/og/o-g

日付でソートしてみた出力結果です。

C:\Windows>dir /od
 ドライブ C のボリューム ラベルは win7hdd です
 ボリューム シリアル番号は ABCD-EF12 です

 C:\Windows のディレクトリ

2008/01/02  13:02             3,540 TSSysprep.log
2008/01/02  13:12                74 PidList.ini
2008/01/02  13:12           200,704 PLFSetI.exe
2008/01/02  13:16    <DIR>          PCHEALTH
2008/01/02  13:36             3,043 DtcInstall.log
2008/01/02  13:36    <DIR>          Panther
2008/01/02  13:36               558 diskinfo.txt
C:\Windows>dir /o-d
 ドライブ C のボリューム ラベルは win7hdd です
 ボリューム シリアル番号は ABCD-EF12 です

 C:\Windows のディレクトリ

2012/04/22  01:50    <DIR>          ..
2012/04/22  01:50    <DIR>          .
2012/04/22  01:45    <DIR>          Temp
2012/04/22  01:30         1,875,307 WindowsUpdate.log
2012/04/22  01:30    <DIR>          inf
2012/04/22  01:30    <DIR>          System32
2012/04/22  01:12            98,712 setupact.log
2012/04/15  22:44    <DIR>          Microsoft.NET
2012/04/12  23:08    <DIR>          Prefetch

dirコマンドのヘルプ

dir /?を実行した出力です。
各オプションについて記述されています。

C:\Users\sakura>dir /?
ディレクトリ中のファイルとサブディレクトリを一覧表示します。

DIR [ドライブ:][パス][ファイル名] [/A[[:]属性]] [/B] [/C] [/D] [/L] [/N]
  [/O[[:]ソート順]] [/P] [/Q] [/R] [/S] [/T[[:]タイムフィールド]] [/W] [/X] [/4]


  [ドライブ:][パス][ファイル名]
              一覧表示するドライブ、ディレクトリ、またはファイルを指定します。

  /A          指定された属性のファイルを表示します。
  属性        D  ディレクトリ                R  読み取り専用
              H  隠しファイル                A  アーカイブ
              S  システム ファイル           I  非インデックス対象ファイル
               L  再解析ポイント             -  その属性以外
  /B          ファイル名のみを表示します (見出しや要約が付きません)。
  /C          ファイル サイズを桁区切り表示します。これは
              既定の設定です。/-C とすると桁区切り表示されません。
  /D          /W と同じですが、ファイルを列で並べ替えた一覧を表示します。
  /L          小文字で表示します。
  /N          ファイル名を右端に表示する一覧形式を使用します。
  /O          ファイルを並べ替えて表示します。
  ソート順    N  名前順 (アルファベット)     S  サイズ順 (小さい方から)
              E  拡張子順 (アルファベット)   D  日時順 (古い方から)
              G   -  降順
  /P          1 画面ごとに停止して表示します。
  /Q          ファイルの所有者を表示します。
  /R          ファイルの代替データ ストリームを表示します。
  /S          指定されたディレクトリおよびそのサブディレクトリのすべての
              ファイルを表示します。
  /T          どのタイム フィールドを表示するか、または並べ替えに使用するかを
              指定します。
  タイムフィールド
              C  作成
              A  最終アクセス
              W  最終更新
  /W          ワイド一覧形式で表示します。
  /X          このオプションは MS-DOS 形式以外のファイル名に対する短い名前を
              表示します。長い名前の前に短い名前を表示する点を除けば、
              /N オプションと同じです。短い名前がない場合は、ブランクに
              なります。
  /4          4 つの数字で年を表示します。

環境変数 DIRCMD にスイッチを設定できます。
/-W のように - (ハイフン) を前に付けると、そのスイッチは無効になります。

以上、dirコマンドの使用例を記述しました。
詳細な使い方はdirコマンドのヘルプ(/?オプション)で確認してみてください。


スポンサーリンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:49:28 (1285d)