このエントリーをはてなブックマークに追加


MS製パケットキャプチャソフト・Microsoft Message Analyzerのインストール

注意
Microsoft Message Analyzerは廃止になっています。

パケットをキャプチャするソフトウェアとしては、Wiresharkが有名ですが、MS製のMicrosoft Message Analyzerもあります。
netshコマンドにより、キャプチャしたパケットをMicrosoft Message Analyzerで閲覧することができます。
本資料では、Microsoft Message Analyzerのインストール手順を紹介します。



スポンサーリンク


関連記事

Microsoft Message Analyzerのダウンロード

Microsoft Message Analyzerは以下のURLよりダウンロードすることができます。

  1. Downloadをクリックします。
    a1.png
     
  2. ダウンロードするファイルにチェックを入れNextをクリックします。
    • 64bit版: MessageAnalyzer64.msi
    • 32bit版: MessageAnalyzer.msi
      a2.png
       
  3. ダウンロードしたmsiファイルを起動します。
    a3.png
     
  4. インストール開始画面です。
    Nextボタンをクリックします。
    a4.png
     
  5. 使用許諾契約にチェックを入れNextボタンをクリックします。
    a5.png
     
  6. デフォルトのままでNextボタンをクリックしました。
    a6.png
     
  7. Installボタンをクリックします。
    a7.png
     
  8. ユーザ制御アカウント画面が表示された場合は、Yesボタンを押し作業を続行してください。
     
  9. インストール中のキャプチャです。
    a8.png
     
  10. インストール完了のキャプチャです。
    Finishボタンを押してウインドウを閉じます。
    a9.png
     
  11. インストールされているのが確認できました。
    aa.png

初回起動時設定

Microsoft Message Analyzerを初回起動すると、以下の画面が表示されるので、
チェックを入れOKボタンを押してください。

ab.png

Microsoft Message Analyzer 実行画面

以下、netshコマンドで採取したetlファイルを開いた時のキャプチャになります。

b1.png

以上、Microsoft Message Analyzerのインストールおよび紹介でした。



スポンサーリンク

添付ファイル: fileb1.png 214件 [詳細] fileab.png 191件 [詳細] fileaa.png 235件 [詳細] filea9.png 275件 [詳細] filea8.png 236件 [詳細] filea7.png 269件 [詳細] filea6.png 262件 [詳細] filea5.png 260件 [詳細] filea4.png 222件 [詳細] filea3.png 280件 [詳細] filea2.png 223件 [詳細] filea1.png 420件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-07-05 (日) 22:33:00