このエントリーをはてなブックマークに追加


LibreOfficeの入手とインストール

個人利用で文書作成、表計算、プレゼンテーションの作成であれば、LibreOfficeで問題ない方々も多いのではないでしょうか?
またWord, Excel, PowerPointの閲覧であれば特に問題はないでしょう。
表示したときの再現性やVBAが動作しないなどの問題がありますが、おすすめのオフィスソフトです。
LibreOfficeはOSSなので無料で使用することができます。
気に入ったら寄付することもできます。


スポンサーリンク

LibreOfficeのダウンロード

本資料は、2019/7/16時点に記述しました。
LibreOffice6.2.5をダウンロードしてインストールします。
ダウンロードのURLは以下の通りです。
https://ja.libreoffice.org/download/download/

  1. Windows 32bit/64bit版にあった方をドロップダウンリストから選択します。
    • 64bit : Windows x86_64
    • 32bit : Windows x86
      01.png
       
      また、オンラインで使えるヘルプをダウンロードすることもできます。
       
  2. ドロップダウンリストの選択が終わったらダウンロードボタンをクリックします。
  3. 寄付のページが表示されますが、しばらくするとダウンロードが開始されます。

LibreOfficeをインストール

ダウンロードしたLibreOfficeファイルをダブルクリックで起動します。

02.png
 

メッセージにしたがってインストールを完了させてください。

  • 本資料では、セットアップの種類で「標準」を選択しました。
    インストールフォルダなどを変更したい場合は「カスタム」を選択してください。
    03.png
     
  • 再起動が必要になる場合のメッセージが表示されますので、「はい」をクリックします。
     
  1. インストールが終了すると、以下のキャプチャの通り、メニューにLibreOfficeアプリが登録されています。
    04.png

以上、WindowsにLibreOfficeをインストールする記事でした。


スポンサーリンク


添付ファイル: file04.png 13件 [詳細] file03.png 12件 [詳細] file02.png 11件 [詳細] file01.png 14件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-07-16 (火) 23:16:30 (35d)