このエントリーをはてなブックマークに追加


VBScriptで時・分・秒の値から日付型(Date)を取得する・TimeSerial

TimeSerial関数を使用すると、時間、分、秒の数値をTimeSerial関数の引数として渡すと
日付型(Date)の値が返却されます。

以下にTimeSerial関数のVBScriptサンプルコードおよび動作結果を記します。



スポンサーリンク


関連資料

TimeSerial関数のサンプルコード

TimeSerial関数のサンプルコードを以下に記します。
TimeSerial関数の引数に時間に10時、分に20分、秒に30秒を指定して表示した結果です。

  • サンプルコード
    ts = TimeSerial(10,20,30)
    WScript.Echo ts
  • cscriptコマンドで実行
    C:\Users\sakura>cscript C:\Users\sakura\Desktop\TimeSerial.vbs
    Microsoft (R) Windows Script Host Version 5.8
    Copyright (C) Microsoft Corporation 1996-2001. All rights reserved.
    
    10:20:30
  • ダブルクリックで実行(wscript)
    01.gif

以上、VBScriptのTimeSerial関数についての資料でした。



スポンサーリンク


添付ファイル: file01.gif 189件 [詳細] fileTimeSerial.zip 157件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:50:27