このエントリーをはてなブックマークに追加


Win32_Processorのサンプルスクリプト

WMIを使ったWin32_ProcessorでCPUに関する情報を表示するサンプルスクリプトを以下に記します。



スポンサーリンク


関連記事

Win32_Processorを使ったサンプルスクリプト

以下にWin32_Processorを使用したサンプルスクリプトを記します。
本サンプルスクリプトでは、以下の値を表示しています。

  • CPU名
  • CPUの種類
  • 論理プロセッサ数
  • 製造
  • カレントクロック
  • データ幅
  • L2キャッシュ

サンプルスクリプト

hostname="."	' dotは自機を示す
' uid = "username"
' pwd = "password"
Set oLocater = CreateObject("WbemScripting.SWbemLocator")
Set oService = oLocater.ConnectServer(hostname, "root/cimv2")
' Set oService = oLocater.ConnectServer(hostname, "root/cimv2", uid, pwd)	'ユーザ、パスワード設定をする場合
oService.Security_.ImpersonationLevel = 3	' デフォルト値は3のため省略可能

Set items = oService.ExecQuery("Select * From Win32_Processor", , 48)

For Each item In items
  WScript.Echo("CPU名: " & item.Name)
  WScript.Echo("CPUの種類: " & item.Description)
  WScript.Echo("論理プロセッサ数数: " & item.NumberOfLogicalProcessors)
  WScript.Echo("製造: " & item.Manufacturer)
  WScript.Echo("カレントクロック: " & item.CurrentClockSpeed)
  WScript.Echo("データ幅: " & item.DataWidth)
  WScript.Echo("L2キャッシュ: " & item.L2CacheSize)
Next

Set item = Nothing
Set oService = Nothing
Set oLocater = Nothing

実行例

cscriptを使用して実行した時の出力です。

C:\Users\sakura\Desktop>cscript cpu.vbs
Microsoft (R) Windows Script Host Version 5.8
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

CPU名: Intel(R) Core(TM) i5-3210M CPU @ 2.50GHz
CPUの種類: Intel64 Family 6 Model 58 Stepping 9
論理プロセッサ数数: 4
製造: GenuineIntel
カレントクロック: 2500
データ幅: 64
L2キャッシュ: 256

以上、Win32_Processorを使ったサンプルスクリプトでした。



スポンサーリンク


添付ファイル: filecpu.vbs 206件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-04-19 (日) 17:20:38