このエントリーをはてなブックマークに追加


PowerShellでheadとtailを実現する

Linux(UNIX)にあるheadとtailコマンドをPowerShellで実現する方法を以下に記します。


スポンサーリンク

Select-Objectの-firstと-lastオプション

Select-Objectの-firstと-lastオプションを使用することにより、
headとtailコマンドと同様の機能を実現することができます。

-firstオプション

指定した数値分、先頭行を表示します。

Select-Object -first 数値

以下に実際に動作させた例を記します。

以下の例では、Windowsフォルダのファイルリストから先頭の5件表示しています。

PS C:\Windows> Get-ChildItem * | Select-Object -first 5
    Directory: C:\Windows
Mode                LastWriteTime         Length Name
----                -------------         ------ ----
d-----       2009/07/14     14:32                addins
d-----       2016/04/04      9:14                AppCompat
d-----       2017/07/03      9:42                AppPatch
d-r-s-       2017/05/10     10:31                assembly
d-----       2016/04/01     10:51                AsusInstAll
PS C:\Windows> Get-ChildItem -Name * | Select-Object -first 5
addins
AppCompat
AppPatch
assembly
AsusInstAll

以下の例では、最終更新日でソートしたファイルリストの先頭から5件表示します。

PS C:\Windows> Get-ChildItem * | Sort-Object { $_.LastWriteTime } | Select-Object -first 5
    Directory: C:\Windows
Mode                LastWriteTime         Length Name
----                -------------         ------ ----
-a----       2009/06/11      5:30          53551 Professional.xml
-a----       2009/06/11      5:31          48201 Starter.xml
-a----       2009/06/11      5:36           1405 msdfmap.ini
-a---l       2009/06/11      5:52         316640 WMSysPr9.prx
------       2009/06/11      6:08            219 system.ini
PS C:\Windows> Get-ChildItem * | Sort-Object -Descending { $_.LastWriteTime } | Select-Object -first 5
    Directory: C:\Windows
Mode                LastWriteTime         Length Name
----                -------------         ------ ----
d-----       2017/07/05     12:26                Temp
d-----       2017/07/05      9:17                System32
d-----       2017/07/05      9:05                inf
-a----       2017/07/05      9:01           9204 cfgall.ini
-a----       2017/07/05      9:01          23260 TMFilter.log

以下の例では、ファイルでソートしたファイルリストの先頭から5件表示します。

PS C:\Windows> Get-ChildItem * | Sort-Object { $_.Length } | Select-Object -first 5
    Directory: C:\Windows
Mode                LastWriteTime         Length Name
----                -------------         ------ ----
-a----       2016/04/01     10:51              0 Ascd_err.ini
-a----       2016/04/01     10:51              0 scd.ini
-a----       2017/05/22     16:56              0 setuperr.log
d-----       2011/04/12     17:01                security
d-----       2009/07/14     14:32                schemas
PS C:\Windows> Get-ChildItem * | Sort-Object -Descending { $_.Length } | Select-Object -first 5
    Directory: C:\Windows
Mode                LastWriteTime         Length Name
----                -------------         ------ ----
-a----       2016/04/01     10:11        7831039 OFCNT.LOG
-a---l       2016/01/22     14:19        3231232 explorer.exe
--r---       2013/09/13     19:44        2080472 RtlExUpd.dll
             2017/07/04     14:59        1076207 WindowsUpdate.log
-a---l       2017/06/02     17:10         733696 HelpPane.exe

-lastオプション

指定した数値分、最終行からさかのぼり表示します。

Select-Object -last 数値

以下に実際に動作させた例を記します。

PS D:\> Get-Content .\text.txt
1 one
2 two
3 three
4 four
5 five
6 six
7 seven
8 eight
9 nine
10 ten
PS D:\> Get-Content .\text.txt | Select-Object -first 5
1 one
2 two
3 three
4 four
5 five
PS D:\> Get-Content .\text.txt | Select-Object -last 5
6 six
7 seven
8 eight
9 nine
10 ten

以上、PowerShellでheadとtailと同様な動作を実現する、Select-Obectの-last, -firstオプションについての紹介でした。


スポンサーリンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-07-05 (水) 13:31:51 (444d)